めまい・眩暈に悩んでいませんかッ?!原因と対処法を紹介します!

めまいでお悩みではないですか?

めまいがつらい・・・けど原因がわからない・・・

身近な病気であるめまい対処法を知っている人は意外と少ないものです。

めまい

めまいなんて大したことないっしょ?ほっといてへーきへーき!

そんなことを思っているそこのあなた!
そんなことはありませんよ!


めまい心配のないものから、重大な病気が隠れているものもあります。

しかし!今日、なんの因果か、この記事を目にしていただきました。

今までめまい悩んでいたあなたも、めまい軽視していたあなたも大丈夫!この記事でしっかりとめまい原因対処法を知り、めまい悩まされない日々を送りましょう!

スポンサーリンク

めまい・眩暈が起こるのは何が原因なの?

めまい

めまいが起こる原因・仕組みとは?

人には姿勢をバランス良く保つ機能(まっすぐ立つこと)が備わっています。主にがこの機能を持っていますので、私たちが普段まっすぐ立っていられるのは、脳や耳の働きのおかげです。

異常が起きると、バランスを保てなくなります。そうするとまっすぐ立っていられなくなるわけですから、ふらふらしたりしますよね?このふらふらがめまいであり、この流れこそがめまいが起こる仕組みです。

ということは、脳や耳に異常が起こるとめまいが起きるということです。ただ、脳や耳だけがめまいの直接の原因なのかといったらそれは違います。生活習慣ストレスなどでも起こったりします。

めまいには種類があり、種類によって原因はそれぞれなので、自分がどの症状に当てはまるかを確認し、正しい対処法を学びましょう。まずはどの種類になるかを見極めることが大切です。

以下にもっと詳しく書いていきますので、見ていきましょう!

めまいには3種類ある

めまいは大きく分けて、3種類あります。

1.グルグル回る回転性のめまい

【症状】
自分や地面がグルグル回っているように感じます。突然起こり、あまり長くは続きません。少し気分が悪くなることもあります。

【原因】
主に耳(三半規管)、心因性、ストレス
外耳炎・中耳炎、蓄膿症のように耳や鼻が詰まっているときにも起こることがあります。



2.フワフワする浮遊性のめまい

【症状】
身体が浮いているような感覚や、雲の上を歩いている感じと言われます。一番危険と言われているのがこのめまい。

【原因】
脳、心因性、ストレス
脳梗塞や脳出血の前兆である可能性もあるため要注意。



3.クラクラする立ちくらみのようなめまい

【症状】
立ち上がったり動き始めたときにクラッときます。目の前が真っ暗になり意識を失いそうになる場合もあります。

【原因】
脳、心因性、ストレス、貧血、栄養失調


原因に対する対処法は?

めまい

めまいの他に症状があったり、長時間続いたりする以外ならば、ほとんどが心配のないことが多いです。しかし、なかには重大な病気が隠れているものもあります。

先ほどの3種類のめまいの症状ごとに分けて考えてみましょう。

1.グルグル回る回転性のめまい

  • 1分以内に治る、他の症状がない → 心配なし
    多くは「良性発作性頭位めまい症」と言われる軽いものなので、安静にしていれば治ります。
  • 激しいめまいと耳鳴り、難聴などがある → メニエール病などが疑われます。
    急を要するものではないですが、耳鼻咽喉科やめまいの専門外来を受診してください。ストレスが原因のことが多いので、過度のストレス、過労は避けましょう。



2.フワフワする浮遊性のめまい

  • 長く続かない、他の症状がない → 心配なし
  • 激しい頭痛、手足のしびれ、ろれつがまわらないなどの症状がある → 非常に危険
    脳障害の前兆の可能性があります。すぐに救急車を手配し、神経内科や脳神経外科を受診してください。



3、クラクラする立ちくらみのようなめまい

  • まれに起こるだけ → 心配なし
  • 頻繁に起こる → 心因性のものか、または貧血
    ストレスが原因の可能性が高いので、心配なら心療内科を受診しましょう。貧血が軽い場合は鉄分を意識して摂れば改善されます。症状がひどい場合、原因はさまざまなので、思い当たる節がなければとりあえず内科を受診してください。



心配がない場合、急を要する症状ではいけれども症状を和らげたい場合の対処法

  • 慌てない
  • 安静にすること
  • あまりにもつらかったら病院を受診

単純にめまいが起きたからといって慌てる必要はありません。

慌てて転んだりして、無駄なケガをしないように気を付けましょう。



めまいは姿勢や刺激によって症状が変わることがあります。

身体を締め付けているものなどを緩め、楽な姿勢にしてください。



光や音なども刺激となりますので、めまいをよりひどくする可能性があります。

屋外では日陰に入り、屋内では電気やテレビを消して休みましょう。



また、移動中や乗り物に乗っているときは、降りて休憩をしてください。

乗り物などの揺れは、めまいをよりひどくします。



しかし、安静にしてても長時間治らなかったり、めまいのほかに症状が出た場合は直ちに病院へ行きましょうね。

スポンサーリンク

めまい・眩暈とうまく付き合っていくにはどうすればいいの?

めまい

めまいとうまく付き合っていくことは、難しいことではありません!

めまいで最近増えているのは、生活習慣の乱れによるものと、ストレスが原因の心因性のものです。つまり、日常的にめまいに悩んでいる方は、正しい生活習慣・ストレス発散を心がけ、上手にめまいと向き合うことが大切なのです。

生活の中で気を付けたい事

  • 3食規則正しく、バランスよく食べること
  • 腹八分目を心がけ、間食はとりすぎないこと
  • お酒、たばこは控えめにすること
  • コーヒーなどのカフェインの摂りすぎに気を付けること
  • 睡眠を十分にとること
  • ストレスをためないように気を付けること
  • 適度な運動をすること

健康体でいることこそが、めまい予防することができます。めまいに悩んでいる方もそうでない方も、上記のことを心がけてめまいを寄せ付けない身体になりましょう!

最後に

めまい

めまいのことにちょっとでも詳しくなることができたでしょうか?

めまいには心配のないものから、重大な病気が隠れているものまであります。めまいのほかになにか症状が見られた際は、甘く見ないで病院を受診することをお勧めします。

また生活習慣を整え、ストレスなく心身ともに健康にすることこそ、めまいを予防することにつながります。簡単なことですので、気を付けてみてくださいね。

めまいの原因や対処法について、お役に立てたら嬉しいです!ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

このページの先頭へ