赤ちゃんの熱が下がらない…原因はコレかも?対処法も紹介します!

小さい赤ちゃんがいると、本当に毎日心配ごとばかりですよね??
初めての赤ちゃんならば、なおさらです(>_<)

今回の心配は、、『あかちゃんの熱が下がらない……』
原因が分からない熱が続くんです。心配ですよね?

そんな、赤ちゃんの熱が下がらない原因と対処法について紹介します!

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱が下がらない…その原因とは?病気の可能性も?

000

赤ちゃんは平熱が大人よりも高いので、37度程度で機嫌が悪くないのであればそれほど心配はありませんが、機嫌が悪かったりぐったりしたり、顔色が悪くなったりしたら、37度程度であっても受診が必要です。

母乳期の赤ちゃんは、お母さんから免疫をもらっているので、その間はあまり感染症の心配はありませんが、生後6か月を過ぎて離乳が始まってくると、感染症の心配が出てきます。

今日は主に生後6か月以降の赤ちゃんの感染症や病気についてまとめていきます。

赤ちゃんの発熱としてまず考えられるのは突発性発疹。
6か月から12か月の赤ちゃんがかかりやすく季節は問わず一年中あらわれます。
病原体はヒトヘルペスウィルス6型。
それほど感染力が強いものではありません。

ほとんどの子供が一度は通り過ぎてきた病気なので、あまり慌てることなく、病院に連れていくなどして冷静に対処しましょう。

この病気の特徴としては、いきなり38度から40度くらいの熱が出ます。
この頃に嘔吐や下痢などの胃腸症状があらわれる子もいます。
3~4日程度高熱が続いたあと、平熱に戻るとともに体中に赤い発疹が出ます。
かゆみは全くないか、あったとしても弱いものです。
水疱瘡のように後に残ることもありません。
赤ちゃんは熱のわりに元気にしていることが多いです。

インフルエンザが大流行している時期は特に体調に気を付けていましょう。
お母さんがインフルエンザにかかると、赤ちゃんに移すかもしれません。
それに、赤ちゃんとダブルでインフルエンザになったら大変。
高熱、体中の痛みで寝付けずグズグズする赤ちゃんを世話しながら、自分のケアとなるとかなりしんどいですよね。

インフルエンザにかかった赤ちゃんは、グズグズと泣く、高熱が出る、ミルクの飲み、あるいは食欲がない、などで体調の悪さをお母さんに伝えてくれます。

いつものように抱っこした感じが熱いように感じたらすぐに体温計で計って、高熱であれば受診しましょう。

生後すぐの赤ちゃんがかかると重症化するといわれているのがRSウイルスです。
2歳までにはほぼ100%の子供が感染しますが、生後間もなく発症すると重篤化することがあるので、
なるべく成長を待って感染発症したほうが良いです。40度くらいになることはあまりないのですが、38度程度の発熱があります。

赤ちゃんの場合、夏場はすぐに熱中症となりやすく、熱中症の疑いがあって熱が40度以上出た場合は重篤な症状なので、すぐに病院に連れていきましょう。

スポンサーリンク

そんな時の適切な対処法!

001

まず、発熱が分ったら、手足に触れて手足の体温がどのようかみてましょう。

熱があるのに手足が冷たい場合は、熱が上がり始めているサインなので、本人は寒気を感じているかもしれません。
体を温めてあげましょう。
熱が上がり切ると手足も熱くなります。

どの発熱の時にも、スポーツドリンクなどで水分補給を忘れないようにしましょう。
嘔吐や下痢などの胃腸症状があるなら、一層水分補給に気を付けましょう。
そして、寒いとだめだからとたくさん着こませない方が良いです。
汗をびっちゃりかくようでしたら、一枚脱がせたり、綺麗な服へ交換をしてあげましょう。

 

病院を受診するタイミング!

まず大切なのは、赤ちゃんの機嫌の良し悪しです。
38度くらいで機嫌が良くしているなら直ちに夜間救急などの病院に連れて行かなくても、概ね大丈夫。
翌日まで気を付けてみて、焦らずに受診を考え下さいね。

しかし、ぐったりしてきたり、顔色が悪かったり、
大声で泣き続けたり機嫌が悪かったり、腹痛がありそうならすぐに病院へ。

緊急を要する場合も、命の危険もあります。

熱性けいれんが起こった場合は落ち着いて病院へ連絡することをおすすめします。

 

最後に

002

初めての子育てでお母さんも慣れていないし、赤ちゃんもまた初めての病気で「なにこれ!?」という心境なのかもしれません。
グズグズ泣き続けるわが子を見ているのは本当に辛いもの。
変わってあげたいけれど、お母さんまで病気になるわけにはいきません。

冷静に適切に対処して、一日でも早く、元気にしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ