におい『臭い』と『匂い』の正しい使い分け・使い方とは?違いは?

これいい匂い」「なにこの臭い
こちらはどちらも同じ読みかたをする漢字ですが、一文字変わると伝わる意味さえ大きく変わってきます

1

みなさんは、この2つの「におい」使い分けていますか?

どちらにしても大きな差はないと思っている方も多いとおもいますが、実は漢字を間違えてつかうと場合によっては読み手の失礼になることもあるそう!
日常生活や仕事の場面で、メールや文章を書くときにも気をつけたいですよね。

今回は、『匂い』と『臭い』の意味の違いと使い分けについて詳しくお伝えします!

スポンサーリンク

『臭い』と『匂い』の違いは何?

2

匂い』と『臭い』、その違いはなんとなくイメージでお分かりかと思いますが、一般的に不快なにおいに対しては「臭いという漢字を用い、匂い」は良いにおいの時に使います。

匂い」は、古くは臭覚的・視覚的に好ましい意味の言葉として使われていました。
そのため、色彩が美しい場合などを表現する場合などにも「匂い」を使います。
「いろはにほへと(色は匂えど)」というのもそのためです。

匂いは良いにおいの時に使われる言葉で、悪いにおいの時には使われないので気を付けましょう!

一方、「臭い」は、くさいにおいや悪い時に使います
においを感じた時の臭覚のみの表現となります。

こちらも、良いにおいの時にも使うので色々な場面で使われていますが、「臭い(くさい)」とも読めてしまいます。

大事な場面で使うときは、相手に意味を間違われないように『匂い』を使うようにしましょう。

 

それぞれの正しい使い方・使い分けについて!

3

先ほどの意味の違いからすると、いいにおいは「匂いいやなにおいのときは「臭いと使い分けるということでした。

ですが、ここでひとつ注意しなければならないのは、におい」は人によって感じ方が違うという事です。

自分にとっては良いにおいでも相手にとっては悪いにおいに感じていることもあり、その逆もあります。

自分にとって悪いにおいだからって「臭い(におい)」を使ってしまうと、もし相手にとって良いにおいだった場合失礼になるときがあるということです。その代表的な例はタバコ香水です。

タバコ香水は、使っている人からすればあまり気になりませんが、周りの人からは臭いがすると思われやすいものです。

仕事の場や気を遣う人がいるなかで、相手のことを考えるならタバコの臭い(におい)という字を使わない方がいいのかもしれません。

そういう時は「匂い臭い」ではなく状況に応じて平仮名の「におい」を使ってください。
そうすることでどんな人にでも失礼にならずに対応できます。

スポンサーリンク

例文にてッ!

4

匂い」は好意的なにおい、目の前の情景をあらわす際にも使われたりします。

「匂い」の例文としては
『彼女は匂い立つような美貌だ』
『美味しそうな料理の匂いがする』
などがあります。

一方、臭い」の方は良いにおいと悪いにおいでも使えますが、「くさい」と紛らわしくないような場面で使います。

例文としては、
『この部屋は、ずいぶんとタバコのいがする』
『洗濯物から生乾きの臭いがする』
などです。

タバコのにおいは、人によってはいい『匂い』に感じる方もいますし、料理も嫌いなものであれば『臭い』に変わってしまいます。

 

じゃ~『香り』と『匂い』はどう使い分ける?

5

「匂い」と「香り」、どちらも良いにおいのイメージですよね。

同じ意味に思える2つの言葉も実は使い分けることができます。

香りは、最高に良い匂いのとき、快感を感じるほどの匂いの時に是非使ってください。

よくテレビのCMで芳香剤から匂いのイメージでお花が画面いっぱい広がるシーンがありますよね?
匂いをかいで、そんなシーンが頭をよぎったら「香り」を使いましょう!

匂いよりも香りのほうが、上品で文章としても華やかに感じられますよね。

 

最後に

6

いかがでしたか?同じ読み方でも、漢字が1文字変わるだけで伝わる意味さえ大きく変わってしまいます。

SNSやメールなど、文章で相手に伝えることが多い現代、こういった些細な事で相手を不快にしてしまうのはもったいないですよね。

逆にしっかりと言葉の意味を理解して使いわければ、文章だけでもイメージが伝わりやすくなります

こういったことは普段から相手の事を考えることで、言葉の選び方が変わってくるものだと思います。
言葉を正しく使ってより良い人間関係を作っていきましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ