激痛?!牡蠣の食中毒の症状!潜伏期間・発症するまでは何時間?

海のミルクとも呼ばれる牡蠣

栄養価も高く、濃厚でまろやかな食感は食べる人を虜にさせてしまいます。

1

しかし、この牡蠣がもっとも食中毒を発症する可能性が高い食材であることをご存知でしょうか?

生で食べる機会が多い冬場ももちろんですが、食中毒は春や夏、秋にも起こるので油断は禁物です。

もし牡蠣を食べた際、食中毒になってしまったら?
食中毒が起こるまでの潜伏期間や、対処法についてお伝えします!

スポンサーリンク

牡蠣の食中毒はどんな症状がでる?

2

牡蠣による食中毒の原因は、様々な菌やウイルスによるものです

腸炎ビブリオノロウイルスなど、これらの菌やウイルスを持つ牡蠣を火を通すことなく食べた場合に、 体内で猛威を奮い始めるのです。

症状としては、発熱吐き気嘔吐腹痛下痢が主なものです。

なお、発熱症状のほとんどは初期段階に発症します。

熱は38度以下の微熱であるケースが多いですが、熱の発症とともにチクチクとした腹痛症状が徐々に始まります。

牡蠣を食べた方はこういった症状が出始めたらすぐに病院にいきましょう。

 

潜伏期間は?発症するまで何時間?

3

牡蠣に多いノロウイルスは、わずか10~100個の少ない数でも食中毒を発症させます。

潜伏期間は24~48時間で、感染後約1〜2日のうちに発症しますが、症状は3日以内に治まることがほとんどです。

その後、一週間ほどかけてウイルスを完全に排出し、後遺症もありません

また、感染したからといって必ずしも食中毒の症状が現れるわけではなく、人によっては軽い風邪程度の症状で治まることもあります。

ただし、免疫力が低い乳幼児や高齢者の場合には、吐しゃ物を吸い込むことで窒息したり、肺炎を引き起こす恐れがあるので、とくに注意が必要です。

スポンサーリンク

牡蠣の食中毒になった時の適切な対処方・治療法!

4

もしも、牡蠣の食中毒になってしまった場合、悲しいことにウイルスを消滅させるような特効薬はまだありません…。

特別な病原体に感染している場合や症状が重く危険な状態でない限り、 下痢や嘔吐によってウイルスを排出するまで自宅での療養が基本となります。

感染者からは、体に不可欠な水分やナトリウム、カリウムなども同時に排出されるため、 それらを補う必要があります
水やお茶、ポカリスウェットなどを少しずつ回数を多めに摂取しましょう。

また、ノロウイルスを体外へ排出するためにも、下痢止めは絶対に使用しないでください
下痢止めに含まれる腸管運動抑制剤の働きによって、菌を腸内に閉じ込めてしまいます

そして、ノロウイルスは感染者の吐しゃ物や便から感染する、二次感染の可能性が非常に高いウイルスです。

吐しゃ物や便は速やかに処理するとともに、直接触れることのないようマスクやゴム手袋を用いてください。
処理後は、石けんを使ってしっかり手を洗いましょう

下記の動画を参考に手洗いをしていただき、さらに2度洗いをするとノロウイルスを落としやすいです。

↑ノロウイルス等の食中毒防止のための適切な手洗い↑

最後に

5

とっても美味しい牡蠣ですが、生で食べるときは食中毒の恐れもあります。

それでも牡蠣が食べたい!という方は、牡蠣の中心温度が85℃以上になった状態で1分以上の加熱してから食べましょう!
そうすることで、ノロウイルスは不活性化すると言われています。

調理法としては、沸騰したお湯で1〜2分の加熱をしたり、フライでは180℃の油で4分以上揚げることがオススメです。
カキフライや鍋で煮ても美味しくいただけます(^^)

春からも牡蠣が美味しい季節になりますが、食べ方に気をつけて味覚を堪能しましょう!!

スポンサーリンク

このページの先頭へ