簡単に給料の手取り金額を概算で計算する方法!計算式ッ!

給与明細表、そして源泉徴収票を見た瞬間、あれ、思っていたより少ないという方がは多いかもしれません。

ご存じのとおり、手取りの給与労働した分の給与は異なります
所得税自治体の税金、そして保険料年金などがひかれていることが多いのです。

逆に扶養控除住宅手当交通費等も加味されて同じ内容で同じ会社で仕事をしても手取りは違います

確定申告は会社がしてくれますが、問題となるのは副業等がある場合です。
給与と副収入をあわせた額を青色申告します。

医療費の申請もありますから、きちんと管理しておきましょう。
1

計算式を覚えると簡単にできます。
スマートフォンのアプリケーションやエクセルファイルで記録しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

給料の支給額?手取り金額?どう違うの?

手取りの給料と支給額はどう違うのでしょう。

給料というのは一般的にその人のした仕事に対する報酬です。
時給制のところと出来高制、そしてどちらもという形式があります。

少し経済学のお話をしてみますと、マックスウェーバーという名前を憶えているでしょうか。
プロテスタントのカルヴァンが唱えた給料はただのお金ではなくその人の行為に対する神からの応答だという考えによって資本主義が広まったと考えた人です。

我が国の経済もその考えを原則とします。働きと能力に対する評価です。

会社が提示する給料からは国民の義務である納税所得税住民税がひかれます。
他に年金保険料をひきます。

プラスされるものは、住宅手当賞与、要はボーナス、交通費有休等ですね。
福利厚生と呼ばれるものです。

給料にも基本給だけではなく夜勤手当朝夕、休日加算危険手当等職種によってプラスされるものがあります。

手取りというのはあくまで自分が受け取る金額です。
働いた分だけが給料だけではないのです。

カードローンやクレジットカードの審査では手取りの記入が義務です。

2

 

給与の支給額から何が差し引かれるの?

給与からひかれていて一番笑ってしまったもの、それは消費税、正確には発注の金額です。

自営やフリーランスの人間ですと、作品や商品を途中で納入する業者が買うという形なので、消費とみなされます
普通の会社勤めの方ではなかなかないことです。

差引されるものは、雇用形態によって異なります
後は収入にも関わります

昔務めていた福祉現場では、非常勤でも一定時間勤務すれば雇用保険厚生年金に加入してくれていました。
公務員の場合は共済年金です。
よく優遇、3階建てといわれますが、積み立てをしないといけないのです。

他に介護保険健康保険などもひかれます。

後は、所得税住民税もです。
ただし、収入が低く、課税対象にならない方はひかれることはありません

103万以下ですと控除の対象です。
配偶者控除は141万以下ですね。

フルタイムですと、この範囲内で仕事をするのは厳しいので差し引かれる給料の分だけ仕事をしないといけません

住民税は自治体によって異なります
所得税雇用保険最初のお給料からひかれます。多くの場合は5月です。

アメリカ方式ですと、9月開始ですから10月になります。
課税の対象になる部分とならない部分があります。

交通費業務で立て替えた分のキャッシュバックは業務上必要な物ですから、差し引かれません
そこはしっかり申請しておくべきところです。
手取りの中に入りやすいので要注意です。

特殊な業務で言いますと、研修費などが給与からひかれることもあります

昔いた施設で心理学の講義の研修に行かせてもらいましたがこちらは福利厚生の一環、偶々居合わせた人は自腹で差し引きということもあったのです。
3
まかないがある場合はそこもひかれますよ。そういう部分が手取りになります。

スポンサーリンク

支給額から手取り金額を概算計算!簡単な計算式!

手取りを実際に計算してみるときには基本給の80パーセント、もしくは75パーセントだといわれます。

しかし、それは正社員のフルタイムで働く方の話です。
年金や保険、賞与、各手当てが無いことが多い非正規雇用やフリーランスの人は計算式が異なります
また、正職員であっても賞与の算出法や、扶養家族の数は違います。

職種ごとに簡単な手取りの計算ツールがありますので、それを使っていくこともできます。

考え方としては基本給と各手当てと賞与を足した額面給与から控除額、ひかれていく分をひいていくことが的確です。

少々面倒臭いのですが、給与額が毎回決まっている場合は先に表記してしまって、給与明細表の差引された分を入力して引いていきます。

後は足していく方法もあります。
シグマという係数を使ってひかれた分をまとめて計算してしまいます。シグマは合計という意味です。

何故、こういう事をするのかというと、単純に手取り計算をするだけでは、所得税や住民税などをまかなうためにどれぐらいの給料が必要かを理解できないからです。
ファイルを作って管理しておきましょう。

電子版にしておくと、その後家計簿もつけられます。
手取りの何パーセントを使っているかを把握しておくと貯蓄などがしやすくなります

4

 

最後に

給料はもらってお終いということではありません。

生活を支える大切なものですから、控除額などに大きな変化が無いかを確認しましょう。

また、手取りで表記すべきところと、会社が表示してくる給与を表記すべきところが日常生活にはあるのです。

その区分をしっかり把握しましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ