一生に一度のプロポーズを成功に導く!絶対に感動させる言葉集ッ!

男性にとっても女性にとっても一大イベントと言えるプロポーズ

プロポーズの言葉次第で、女性のYES/NOは決まってくることをご存知ですか?

1

結婚する気はなかったのに、感動的なプロポーズをされて思わずOKしちゃった!
なんてことや

好きだったのにがっかりなプロポーズをされたせいで別れてしまう・・・
なんてこともあります。

プロポーズで断られ、別れる。
そんなみじめな男にはなりたくはないですよね?

そうならないためにも今回は、女性をプロポーズで感動させる言葉・シチュエーションなどをまとめてみました!

スポンサーリンク

プロポーズを成功に導く!絶対に感動させる言葉集ッ!

2

プロポーズで大切なのは、自分の想いをしっかりと相手に伝えること
そしてそれを感じてもらえるかどうかです。

あなたのことが好きなんだ!
あなたじゃなきゃダメだ、結婚してほしい!

という気持ちを伝えることが大切です!

プロポーズの言葉には正解はありませんし、人それぞれに合ったものがあります
あなたや相手のことを考えた上での言葉を言えば、相手を感動させることができるはずです。

しかしそれでもプロポーズの言葉に悩む方は、ストレートに愛を伝える系がおすすめです。

一般的に女性は、はっきりとしたプロポーズの言葉を好みます
シンプルですが効果的ですので、私はこれをおすすめします!

<思いをストレートに伝えたいときにおすすめな言葉集>

「結婚してください」

「世界で一番、あなたのことを愛しています」

「あなたのことを心から愛しています。結婚して下さい!」

「一生一緒にいてください」

「あなたのことも、あなたの実家のご家族のことも、大切にしたいと思っています。僕と結婚して下さい!」

やっぱりストレートで勝負ですよ!!
ストレートが心に響きます心に刺さりますッ(^^♪

 

プロポーズにNGな言葉集!

3

女性からのがっかりしたプロポーズの言葉を調べてみました。
この中に使おうとしていた言葉があったら、やめた方がいいですよ!

<え、プロポーズされたの?あいまい系の言葉>

(家でくつろいでる時などに)「そろそろ一緒になる?」
(周囲に流されて)「俺たちも、そろそろ結婚しよっか?」
・そもそもプロポーズ自体なかった
・メールや電話で伝えてくる

女性ははっきりとしたプロポーズの言葉がほしいものです。
直接伝えないのも論外

<俺についてこい!オラオラ系の言葉>

「俺が幸せにしてやる」
「俺についてくれば大丈夫!」

ついてくればいいという言葉は一見良いようにも思えますが、私の存在意義は?という悪い印象になってしまう可能性もあります。

<あまりにも重すぎる言葉>

「僕には君しかない、結婚してくれ!」
「結婚してくれなければ死ぬ!」

怖いです。死なれても困るし・・・。
もしかしたら同情でOKしてくれるかもしれませんが、まず引かれると思います

ノリが軽すぎる言葉>

「結婚しちゃおっか?」

そんなコンビニにジュース買いにいこっか?
みたいなノリで言われても・・・。

弱気な言葉>

「キミを幸せにできる自信はないけど、結婚してくれませんか?」
「こんな人生だけど、僕についてきてくれませんか?」

プロポーズのときくらい、男らしく強引にきてほしい、というのが女性の本音。
たとえ自信がなくても弱気になったらだめですよ!

スポンサーリンク

感動的な言葉を生かす!おすすめシチュエーション!

4

素敵なプロポーズをして欲しい・・・
多くの女性は、プロポーズに大きな夢やあこがれを持っているものです。

しかし、意外と男性にはその想いが伝わっていないことも。

プロポーズはやっぱり記憶に残るような、素敵な場所とシチュエーションがいい!
こんな女性の願いを叶えることこそ、男冥利に尽きるものです。

<おすすめシチュエーション>

・高級レストラン
・高級ホテル
・キレイな景色の見える観光スポット
・旅行先
・二人にとっての思い出の場所
・夜景スポット
・観覧車の中

日常と離れた、雰囲気のある場所がおすすめです。

またどこか特定の場所にすれば、毎年そこでプロポーズ記念日を祝うこともできますよ。

<NGなシチュエーション>

・車の中
・公園
・家
・ファミレスなどの飲食店
・寒すぎる、雨が降っているなどの天候を無視

日常的な空間では感動のプロポーズをすることは難しいので、避けた方が無難でしょう。

いくら素敵な言葉を言ったとしても、場所がラーメン屋だったら・・・
効果は半減しますよね。

 

最後に

プロポーズで一番避けたい事は、自分の気持ちがちゃんと相手に伝わらない事です。

少し言葉をアレンジする、シチュエーションを整える
それだけでプロポーズの印象はがらりと変わります。

ぜひプロポーズはその場の思いつきではなくきちんと考えて、自分の気持ちを相手に届けましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

このページの先頭へ