グルテンフリーは皆の味方?小麦・グルテンアレルギーの症状とは?

免疫の異常反応がアレルギーです。
すぐに思い浮かぶのが、甲殻類乳製品食品添加物の一部、例えば着色料、そして穀類などです。

しかし、小麦のグルテンで体調を崩す方は意外と多いのです。

うどんパスタパン等はもちもちしていますね。これがタンパク質であるグルテンの働きです。
タンパク質は人の身体を作っていくために必要なものです。

しかし、アレルギー反応を起こしやすい物質でもあります。

牛肉に反応する体質ですが、一口食べただけでじんましんを起こします。
グルテンアレルギーも同じタンパク質への過剰反応です。
人によっては小麦粉を吸い込んだだけでも反応が始まってしまう方もいます
1
問題は小麦粉はつなぎとして使うことが多く、菓子や調味料に含まれることでうっかり口にしてしまうことがあることです。

知識を身に着けてグルテンに反応しないようにしていくしかありません。

スポンサーリンク

グルテンアレルギーの原因とは?

いきなり微妙な話ですが、皆様は寄生虫を見たことはありますか。
専門の博物館に行ったことがありますが、これがアレルギーに大きく関わります

アレルギーを定義してみますと、ランゲルハンス細胞が司る免疫機能が異常に亢進して、無害なものも攻撃してしまい細胞を破壊した結果、起きてしまう諸症状ということになります。

免疫細胞にはヘルパーT細胞好中球マクロファージなど様々な種類があります。

ランゲルハンス細胞は、体に入ってきた菌類を捕まえて、ヘルパーT細胞に渡す役割をします。

ヘルパーT細胞は敵の情報を確認して、抗体という武器を作ります。そこで相手の細胞を破壊します。

他に相手を食べる等の攻撃方法を持つ細胞もあります。
要は身体の警察です。

何故寄生虫がグルテンアレルギーにつながるのかといいますと、好中球等は寄生虫をおさえるのが本当の役割なのです。

しかし、今は無菌、衛生管理が行き過ぎて免疫細胞が暇をしてしまいます。
しょっちゅう誤認逮捕をランゲルハンス細胞がしてしまう事態になるのです。
そして、サイトカインという炎症を起こす成分が放出されて体調悪化につながります。

アレルギー体質は遺伝の要素がかなり強いとされています。
必ず同じ成分に反応するとは限りません。

しかし、体質的に花粉症アトピー性皮膚炎がある方が家族にいますと、グルテンアレルギーなどになりやすいのです。
ストレスや食事による腸内環境の悪化性ホルモンの変化もグルテンアレルギーには影響します。
肌を守るのは卵胞ホルモンですが、それが無くなると皮膚の状態が悪化します。

2

 

グルテンアレルギーの症状とは?

グルテンアレルギー、そしてグルテン不耐症小麦アレルギーグルテンに関わる不調は様々です。

不耐症とグルテンアレルギーはどう違うのかということは専門家の解説でも異なります。
アレルギーにはその場で激しい症状が起きてしまうものと、後から出てくる遅延型のものがあります。

グルテンアレルギーを含む一般的な食物アレルギーの症状は次のようなものです。

もっとも多くみられるのが、皮膚の異常です。
食べた後にかゆくなったり赤くなったりブツブツが出たりします。
サイトカイン、抗原を倒すために出る物質が炎症を起こします

次に頭痛めまいが起きることもあります。

消化器の症状ですと、吐き気下痢むかつきなどが起きてしまうこともあります。

遅れて出る症状はどっと疲れる体重が徐々に減っていくというようなこともあり得ます。

アトピー性皮膚炎など他の症状がある方はそれがさらに悪化します。
よくある誤解は沢山グルテンを食べたらグルテンアレルギーの症状が重くなるというものです。

食物アレルギーがあるというと少しなら大丈夫でしょと食べさせてしまう方がいます。
確かに量が多い方がアレルギー反応が起きる可能性があがります。
3
でも、問題はサイトカインが構成されて炎症が起きるかなのです。

スポンサーリンク

グルテンは中毒・依存症を引き起こす?

グルテンフリーの食材はアレルギーの方以外にダイエットアンチエイジングの食品として注目されています。

お菓子やパンを止められないラーメンを食べてしまうという方は多いです。
小麦中毒なるものが世の中にはあったりします。

ここで依存症のメカニズムについて解説しましょう。

私達の脳は視床下部、脳幹と呼ばれる部位が食事等に関わる指令を出します。
血糖値が下がってくると、何か食べないとという指示が出ます。
そこで食事をとると糖が補われてグリコーゲンとして燃焼します。体を動かすエンジンです。
ごくごく普通に食べているなら問題はありません。

しかし、グルテンや糖質を多く含んだ食事をした時には脳が強い快楽を覚えます
動物に油脂や炭水化物を多く含む食材を出すと無我夢中でなめまわします。生存に必要なものですから。

同じように私たちの脳も小麦を多くとった時にドーパミンやノルアドレナリンという神経伝達物質が出ます。
やる気がでたり、幸福な気分になったりするのです。

ここで済めば何とかなるのですが、ひっきりなしにグルテンを摂取すると神経伝達物質が出にくくなっていきます。

そこで、もっと小麦が欲しくなるのです。

特にストレスが溜まりやすい方や食べることしか楽しみが無い方は依存症になりやすいのです。

皆様、三億円あたるか分からない宝くじと1週間真面目に働けば、3万円くれるという条件、どちらが楽しいですか。前でしょう。

人間の脳はたまにしか来ない出来事ほど強く記憶します。

鳩やネズミにボタンを押すとたまに美味しい種が出てくることを覚えさせますとガンガンボタンを押します。
いつでも出てくるようにした群ではこの行動は見られません。

ダイエット中にうっかり口にしたお菓子が止められず食べ続けるのはグルテンに依存した状態になったということです。
後は、小麦の食材本体に中毒性があるという方もいます。

4

 

グルテンフリー食品は本当に安全?体に良いのか?

グルテンフリーといえば、糖質制限マクロビオティックの世界ではメジャーな食材です。

マクロビオティックとは玄米正食といってもともと日本で食べられていた肉、魚、油、生成された砂糖や米、小麦等を摂取しない食事です。

小麦のかわりに米粉、おから等を使います

他にグルテンフリーの食材としては、豆類、そしてトウモロコシイモ類こんにゃく春雨などがあります。
ドイツの片田舎の発酵させたパンをたまに食べますがこれは大麦です。

グルテンフリーの食材ならグルテンアレルギーが起きずに安全かといいますと明言できません。
工程で小麦を使うこともあります。

食品表示をしないといけないのは、一定の量を使ったものです。
アレルギー表記のガイドラインはまだ整っていません。

後は消化に悪いものも多くありますし、糖質制限の身体への影響も示唆されています。
医師に相談して指示を仰ぐ方が良いでしょう。

5

 

最後に

グルテンアレルギーの方は、生活上不自由をしがちです。

グルテンフリーの食材を出してくれる店はまだ多くはありませんし、アレルギーの症状の認知度も低くただのわがままにとられてしまいがちです。

学校や周囲の人には事情を話して理解してもらい誤って口にしないように気を配ることや献立を飽きないように組み立てることも大切です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ