猫の目が片方だけ目やにで開かない?! 原因は?病気の可能性も??

お家で飼っている猫ちゃん、今日も目は両方ぱっちりと開いていますか??
0
ふと気づくと目が片方だけ、目やにで開いていない!
という場合は要注意です。
原因や病気の可能性について知っておきましょう!

スポンサーリンク

猫の目が片方だけ目やにで開いていない!原因は?

猫の目が片方だけ目やにがひどくて開いていないという場合、
様々な原因が考えられますが、まずは外傷によるものが疑われます。
特に外出の機会がある猫の場合や多頭飼いの場合は
猫同士のケンカで目にケガを負ってしまった可能性があります。

猫のケンカでは相手に致命傷を負わせるために大きな目を狙うことが多く、
目のケガはとても多い
のです。
その他異物が目に入ってしまったり、ハウスダストなどによるアレルギー症状、
さらに目の病気やウイルスなどによる感染症の症状
として
表れている可能性もあります。

 

目やにで考えられる病気とは?

3

考えられる病気としては、まず結膜炎や角膜炎などの目の病気が疑われます。
目やに以外にも目が充血していたり赤く腫れていたり、
涙の量が多く目のまわりが濡れているなどの症状
が表れます。
かゆみや痛みで猫が目を前足でこする仕草をしていたら要注意です。

また、目の表面にまつげやまぶたの被毛が常に触れて刺激となり、
まぶたが内側に反り返る眼瞼内反症は、慢性化した角膜炎や
結膜炎から引き起こすこともあります。

まばたきが多い、必要以上に光をまぶしがっているなどの
異変がないか
注意してみましょう。

目のレンズである水晶体が白く濁る白内障は、
外傷によって片目だけ引き起こすこともあります。
白内障の場合、目の奥が白っぽく見えたり、視力が低下して動作がぎこちなくなり、
ぶつかる、つまずくなどの異常が見られます。

さらに、目やにはウイルスなどの感染症の症状の一つとして
表れることもあります。
猫風邪とも呼ばれる猫カリシウイルス感染症や
猫ヘルペスウイルス感染症、クラミジア感染症、マイコプラズマ感染症などの場合、
鼻水やくしゃみ、咳などの症状も出ます。
病気によっては最初は片目だけに症状が見られ、
ひどくなって両目とも症状が出るというケースもあります。

スポンサーリンク

目やにの上手な取り方!

目やにを取るときは、猫を恐がらせない工夫が必要です。
いきなり始めるのではなく、少し遊んでコミュニケーションをとったり、
好きなおやつをあげたり、猫をリラックスさせてあげてから
ゆったりと始めましょう。

用意するものはガーゼや綿棒とぬるま湯です。
人間用のウエットティッシュはアルコール成分が入っていますから
避けましょう。ティッシュも繊維が粗いので、
代用するならお化粧用の柔らかいコットンがおすすめです。
冷水だと猫がびっくりすることもありますので
ちょうどいい温度のぬるま湯を使います。

軽くあごを押さえ、ガーゼなどで目やにをふき取りますが、
このときこびりついている目やには、
ぬるま湯を使ってふやかしながら取り除くようにすると
きれいに取れます。

きつくこすったりすると目のまわりの皮膚を傷つけたり、
被毛が抜けたりしてしまいますし、
急に動いて目や顔にケガをしないように
優しく慎重に行ってあげることが大切です。

また、嫌がる猫の場合はあまり無理強いすると
道具を見ただけで警戒して逃げ出すようになってしまうことも。
長時間にならないように休憩を入れたり、
途中で猫のご機嫌を取ってみたり、
なるべく猫にストレスを与えないように工夫してあげましょう。

 

最後に…

1

猫の目が目やにで開かないという場合、
様々な原因が考えられますが、
いずれの病気の場合でも、早期発見と獣医師の
診断を受けることが何より大切です。
重大な病気につながらないようにするためにも
自己判断はせず、すぐに獣医師に相談しましょう。

また、目やにの色や状態がどんな様子か、
目やにの他に異常が見られないかなどは診断に役立ちますので、
なるべく細かく観察して獣医師に伝えましょう。
いつも一緒に過ごす飼い主さんだからこそできる健康チェック、
日頃から欠かさないようにしてあげましょうね!

スポンサーリンク

このページの先頭へ