郵便物は土曜日・日曜日は配達されるのか?速達の場合は土日祝も?

仕事でどうしてもすぐ届けたいときや、おくる相手が土日にしか受け取れない!ってこと、結構ありますよね。
1
速達を利用するとき、いつまでに出せば当日に発送してくれるのか、その時間が分かれば急ぎのときに使えそうです。
また土日ときくと、会社が休みのところがほとんどですし、郵便物も受け付けているのかが不安なところ

今回は、そういった郵便物の配達は土日でも配達されるのか?速達の場合は?といった疑問について詳しくお答えしていきます!

スポンサーリンク

郵便物は土日祝日でも配達されるのか?

2

平日でも土日でも、郵便局のトラックやバイクはよく見かけますよね
ですが、実際にはそれぞれ配達している郵便の種類が違うようです

ポストに投函するような普通郵便ですと、配達自体は基本的には月曜から土曜までとなり日曜の配達はしていません。

また月曜から土曜の間でも、祝日は配達はおやすみとなります。
ただ、集荷に限っては郵便ポストなどから、日曜や祝日でもおこなっているケースが多いようです。

この集荷も、土日は平日よりも集荷の回数が少なくなりますので注意が必要です。

普通郵便じゃ日・祝は届かない!そんな時には、書留郵便や、ゆうパックレターパックプラスレターパックライトがオススメです。

こちらはすべて、日曜・祝日も配達してくれる郵便サービスです。

普通郵便よりかは値段はかかりますが、郵便物の追跡をしてくれるため、確実に相手に届いているかどうかが分かります

また、ゆうパックには郵便物が配達中になくなったり、壊れた場合は損害補償もあります!

大切な荷物を送るときにも安心ですね。

 

速達の場合は?

3

速達の郵便は、土日祝日を含めて全ての日に配達がおこなわれています。

ですので、土曜日、日曜日、祝日であっても平日と同じように相手には配達されます。ありがたいですね。

ただ、ポストに投函して速達を出したときは、ポストへの集配の回数が平日より少ない場合があるので注意が必要です。

ポストへの投函の時間がその日の最終回収時間をすぎていたり窓口でも夜遅くに出すと翌日配達が難しい可能性もあります。

確実に相手に早く届けたい場合は、午前中の早めの時間に大きな窓口に直接出しに行くことをおすすめします。

速達は基本的に手渡しで受け取りですが、不在の場合で郵便受けに入る大きさの場合は郵便受けに投函されます。

万が一、入らない場合は不在票をいれてもち帰られます。

 

速達発送の場合、いつまでなら当日発送してくれる?

4

速達で出したときに当日に届かないのかな?
と思う方も多いと思いますが、実は運良く、条件がそろっていれば当日に届く場合もあるんです!

当日に届く可能性がある条件としては、

①朝6時などの早い時間に出す
②ポスト投函なら朝早く、すぐ回収にくる時間である
③本局など大きな郵便局から出す
④差出人と送り先の集配を管轄する郵便局が同じである
⑤天候がよく交通事情も特に問題がないこと
離島などではないこと

といった条件です。

こういったケースはなかなか珍しいようで、当日に到着すればラッキー!くらいに思っておきましょう。

スポンサーリンク

お届け指定!絶対に今日・明日に届けなきゃいけない時の対処方法!

5

「今日までに届けないといけない荷物だった!!」

どうしても急ぎの荷物を思い出してときにも、届けてくれるところがあります。

それはバイク便宅急便です。

バイク便は一刻を争うときでも、バイクの機動力を生かし、混雑の激しい都市においても渋滞の影響を受けにくいメリットがあります。ですから、通常の配達よりも安定して早い配達が可能です。

時間帯も24時間受付をしているところも多く、電話一本でスタッフが集荷に来てくれます。

荷物は、バイクに詰めるほどの量には限られますが、すぐに配達してほしいときにはとっても便利です。配達料は、距離によって変わるそうです。

また、クロネコヤマト佐川急便の宅急便ですと、最寄りのセンターによって異なりますが、当日の午前中の持ち込みで夜のお届けが可能な場合があるようです!

料金も宅配便の基本料金ですし、なにより配達時間指定も出来ます

速達だと、日にち指定は出来ますが時間指定ができないので、その際は宅配便を利用してもいいですね!

 

最後に

6

急ぎのときに、ここまで早く配達をしてくれるサービスがあるなんて知りませんでした…。

これを知っておけば、いざというときも落ち着いていられますね。

また、家や会社の周りの大きな郵便局や、配送会社の位置を知っておくとより早く配達ができるかもしれません。

これからお中元の時期にもなり、郵便を利用する機会も増えると思いますが、こんなに早く日本中に届けてくれる人にも感謝したいですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ