猫の連続したくしゃみ!透明な鼻水!その原因は猫風邪?

のんびり気ままにすごす猫を見ていると、忙しい日々を忘れてしまうくらい癒されますよね。
1
そんなかわいい猫がくしゃみをする、なんて場面を見たことがありますか?

人間と同じく、たまにくしゃみをする程度であればいいのですが、連続したくしゃみをしていたり、鼻水が出ていたり…もしかしてこれって何かの病気??猫風邪

毎日を一緒に過ごしている猫だからこそ、細かな身体の不調はすぐに治してあげたいですよね。

そんなくしゃみの原因と猫風邪の症状について詳しくお伝えします!

スポンサーリンク

くしゃみをするのはどんな時?

2

猫がくしゃみをする原因としては様々です

日常的なものであれば、ツンとした刺激的なにおいを嗅いだときや、ほこりによってくしゃみをします。
においやほこりは、生理現象なので単発のくしゃみをします。人間とおなじですね(笑)

また、鼻炎花粉症猫風邪をひいてしまっている場合にはなんども連続したくしゃみをします。

人間の場合は、首を後ろから前に動かしながらくしゃみをしますが、猫の場合は首を左右にひねりながらします。

瞬間的に息を吐き出し、首のローリング運動により、割とつばが飛び散りますので、猫風邪をひいているときは、ほかの猫とは離しておきましょう。

 

くしゃみは病気の症状のひとつ?

3

見ている側としてかわいらしい猫のくしゃみですが、実は怖い病気の症状のひとつかもしれません

考えられる病気として、乾燥や、煙やガスの吸い込みアレルギー、ウイルスの感染からなる鼻炎があります。

症状としては、くしゃみとさらさらとした水っぽい鼻水が出てきます。
症状がひどくなると、ねばついた鼻水に変化してきます。

また、鼻水により鼻がつまり息苦しそうな呼吸をします。他にも、匂いが嗅げないため食欲が落ちてきたりもします。

また、鼻の奥の副鼻腔が炎症を起こす副鼻腔炎も考えられます。
症状としては、くしゃみや鼻水はもちろん、鼻筋が炎症により盛り上がる、鼻がつまり息苦しそうなどの症状があります。

鼻炎から併発することが多いので、鼻炎の症状が出たらすぐに病院へ連れて行きましょう。

スポンサーリンク

猫風邪の症状&症状が続く期間&対処法!

4

そして、くしゃみの原因としてもうひとつ、猫風邪というものもあります。

症状としては、くしゃみ鼻水せき発熱食欲低下といったところですが、特徴的な症状が目ヤニが出たりまぶたが腫れ上がるといった目に関することです。

まぶたが腫れ上がってしまうのは、角膜炎や結膜炎になっている証拠で、ひどくなるとまぶたがくっついてしまって、目が開かなくなってしまいます。体力がない子猫や、老猫だと症状がひどくなりやすく命にかかわる危険性もあります。

猫風邪の症状が続く期間としては5~14日ほどだそうです。

早めに対処するために、症状が出たら一番に動物病院にかかり、獣医さんに診察してもらいましょう

そして、感染源を絶つことです。

猫の風邪は、猫風邪をひいている猫から風邪菌をもらってきてしまうことで感染します。

また、おうちで飼っている場合でも、感染した猫を触った人間の手や服から感染してしまいます。

そういったことがないように、くしゃみを連発している猫にはもちろん触れないということと、家に帰ったら手を石鹸でよく洗うことが大切です。

また、家に帰ったら服をすぐに着替えるといった対策も必要です。

猫も顔周りを拭いてあげて、栄養と水分をしっかりあげてください

家猫の場合は、100%人が猫風邪菌をもらってきたことで発症するので、人間が気を付けて予防していないといけません

 

最後に

5

猫の場合、ただの風邪と簡単に考えてはいけませんね。

人間と違い、自分で薬を飲むことができない猫だからこそ、すこしの変化を感じて早めに対処してあげましょう。

そして、一緒にいる飼い主自身も、菌を持ち込まないように外から帰ってくる際は必ず手洗いと着替えを行いましょう。

猫を守るのは飼い主の役目です

長く元気に過ごしてもらえるように猫を見守っていきょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ