睡眠不足が原因で病気になる?!癌になりやすいって本当?!

最近、忙しくて忙しくて睡眠不足が続いちゃった。
もっと寝てたいのに、終電で帰って5時には家を出る生活が続いてる。

睡眠不足って病気の原因になったりしないのかなあ?
そういえば癌になりやすいって、どこかで聞いたことあるかも。

こんな生活で大丈夫なの…?

ここではそんな疑問にお答えします!

スポンサーリンク

睡眠不足が続くとどんな症状が現れる?健康への影響は?

睡眠は、体全体の機能を落とすことで心身ともに充分な休息を得る働きがあります。

睡眠時に分泌されるホルモンがあり、病気に対する抵抗力を高めたり、体の成長や修復を助けてくれます

また、睡眠時には自律神経のうち副交感神経が優位となるので、交感神経の興奮が鎮められます
脳を休ませる一方で、記憶情報を整理する大切な役割も持っています

また、体内時計をキープして体のリズムも保ってくれます。

1

このため、睡眠不足になると体のあちこちに弊害かでてきます。

ホルモンの乱れによる免疫力や抵抗力の低下、自律神経の乱れによる体調不良や臓器の損傷、脳のコンディションが低下することによるストレスや精神不安定などが代表的なものです。

 

睡眠不足と癌の関係!癌になりやすいって本当?

睡眠不足は癌を招きやすいと言われています。

睡眠中に分泌されるメラトニンというホルモンに発癌抑止作用があるのですが、昼睡眠不足になると、このメラトニンが充分分泌されません。そのため発癌リスクが高まります
特に夜交代の仕事などで睡眠の乱れがある場合には要注意です。

また、睡眠不足はストレスを招き、自律神経の乱れと相まって臓器に悪影響を与えやすくなります。

また、免疫力を低下させるので、癌ににかかりやすい条件が揃ってしまいます。
2
なので、癌にかからないためにも質のよい睡眠をとることは必要なんですね。

スポンサーリンク

その他、睡眠不足がどんな病気の原因となってしまうのか?

睡眠不足は全身状態の低下を招くので、あらゆる病気の原因となります

抵抗力が低下するので風邪などの病気にもかかりやすくなります。
交感神経優位が続くので内臓も傷めやすくなり、胃潰瘍などの原因にもなります。

また、ホルモンの乱れから、心疾患や脳疾患も引き起こしやすくなってしまいます。

お肌のターンオーバーを促す成長ホルモンも不足しますので、肌荒れや口内炎なども起こしやすくなり、老化も早まってしまいます。

3

また、脳が充分休めないため精神バランスも崩れうつなどの精神疾患の原因にもなります。

睡眠不足でよいことは一つもありません。

 

最後に

睡眠不足はいけないと言っても、その人にとってちょうどいい睡眠時間はそれぞれ違います。

たっぷり8時間必要という人もいれば、6時間でも多すぎるくらい、という人もいます。

要は、眠って目覚めたときスッキリ気持ちいいかが大切で、時間にこだわることはありません。

むしろスムーズに入眠して朝までぐっすり眠れる質のいい睡眠が取れるよう、生活習慣も心がけたいものですね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ