エアコンの臭い消しに効果のある対策・掃除方法とは?

エアコン
しばらく使わなかったエアコンって久しぶりにつけてみるとなんかイヤな臭いがする時ってありませんか??
暑いからせっかくエアコンつけたのに、イヤな臭いがする・・。もっと前に掃除しておけばよかったなあ、・・。暖房をつけたら、ホコリ臭い・・・。なんて思うことありますよね?

今更ながら、何かいい方法はないか?ということで、エアコンの臭い消しに効果のある方法をみてみましょう。

スポンサーリンク

エアコンのイヤな臭いの原因とは?

エアコン
エアコンは1年中使うわけではないので、いざ使おうと思ったらイヤな臭いが・・。

その原因とは、カビ、タバコ、油、食べ物、ペットや人の汗などがあげられます。

そもそもエアコンは空気を吸い込んで吐き出すという仕組みになっているので、空気と一緒にホコリや汚れを一緒に吸い込んでしまいます。そのような汚れが本体にたまってしまい、空気を吐き出す時にイヤな臭いがしてしまうのです。
冷房使用中はを使うので、ホコリと一緒になるとカビが発生します、タバコなどの原因なしで嫌な臭いがするとするとカビが原因なことが多いようです。

そのまま使用を続けるとカビが原因アレルギーや肺炎になることもありますので、しっかりお手入れしましょう。特にお年寄りや小さいお子さんのいるご家庭はこまめな掃除が必要です。

エアコンの臭いに絶大な効果のある対策・掃除方法とは?

エアコン
まずカビの原因ですが、結露が原因です。冬に窓ガラスにたくさんの水滴がつくあれです。エアコンにも同じ現象が起きます。夏場にカビが発生して冬場の暖房運転でカビが一緒に出て臭いがするわけです。

カビを防ぐ方法として冷房運転を終えたあとに送風運転や暖房運転を行うことでカビ対策になります。エアコンの内部を温めることで結露は発生しないのでカビも発生しません。

また、部屋を掃除する、タバコは外で吸う、ペットはこまめに洗うなどお部屋の空気を綺麗にしておくある程度の臭いは解消できるとおもいます。

よくエアコンの洗浄スプレーなどもありますが、熱交換器の表面は綺麗なりますが、実際は中にホコリやカビがそのまま滞留してしまい、余計に悪化することもあるようです。私が業者の方に言われたのは、あまりその手スプレーはお勧めしないとのことでした。

やっぱり、エアコン本体の掃除は個人では難しいので、業者に依頼する方法もお勧めします。

スポンサーリンク

業者に相談も1つの手!プロから技を盗め!

エアコン
自分で色々試したけれどやっぱり綺麗にならない・・。そんな時はやっぱりプロに依頼した方が無難です。

エアコンクリーニングの方法は、エアコンの外装を外し熱交換器を見える状態にしたら専用カバーを取り付け、薬剤を散布し、コンプレサーを使用し高圧ジェットで熱交換器のホコリやカビを取り除きます。エアコンから排出された洗浄液真っ黒い状態でバケツに溜まります。(かなりビックリしますよ)

これで、冷暖房効率もよくなり、臭いもなくなりますし運転中の音も静かになります。

作業時間は1時間ほどお値段は1台1万円前後といったところです。一度やってもらうと病み付きになりますよ(笑)絶対お勧めです。

最後に

エアコン
今や自宅にエアコンのない家の方がめずらしい時代です。その分掃除の仕方もわからないまま何年も使い続けると、カビなどの発生によって人体にも悪影響を及ぼす場合があります。エアコンが原因でアレルギー症状に悩まされるなんてことも・・。

自分でもこまめにフィルターなどを掃除し、部屋の空気の入替タバコ、ペットの臭いの除去を行い、2年に一度くらいは業者に掃除を依頼するとよいでしょう。

長い時間を過ごす自宅の空気は常に綺麗でいてほしいですよね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ