あくびがうつるのはなぜ?!原因・理由はッ?!

あくびがうつるってよく聞きますよね。電車に乗っているときなどに向かいの人があくびをしているのを気にしてないのに、自分もあくびが出てしまったという経験はありませんか?


昔私自身が教壇に立っていた経験があるのですが、一人があくびを始めたら連鎖するかのようにあちこちでパカパカ口開けてあくびが始まるということがありました。

あくび

そのころは「あら、私の授業つまらないのかしら。」と思っていただけですが、実はそんなことなかったようです。人間は他人のあくびに共感する生き物だったのかもしれません。

スポンサーリンク

あくびがうつる原因・理由とは?

そもそもあくび自体がなぜ出るのか、考えたことありますか?

あくびの原因てまだ解明されていない未知の部分が多いんですが、可能性としていくつかのことが考えられているようです。

  • 脳みそのオーバーヒート!?

 

 

脳がオーバーヒートって言い方が少し怖いですよね。でも、脳の体温が気温よりも高くなるとあくびが起こりやすいようなんですよ。

フロンティアズ・イン・ニューロサイエンスで公表された結果では、額に温かいパックを乗せた場合とそうではない場合では、額に温かいパックを乗せた方があくびが出やすいと分りました。また、被験者に他人のあくび写真を見ながら自身のあくび行動について話をしてもらう実験では、被験者を初夏に実験した場合と冬に実験を行った場合では冬のほうがあくびの回数が二倍ほど高かったようです。これは冷たい空気を脳に送り込めるからではないかと考えられています。

そのようなことから、脳の体温が上がることであくび行動が増えるようだと結論付けられました。



  • 人間の共感力

 

 

人間は共感する生き物です。他人の行動を見て失敗を最小限にしながら自分の身の安全を保ってきた歴史があります。隣の子供がケガをしてしまった。「痛そう~。」「自分も気をつけよう。」と共感しながら。このようにして人類は発達してきたのです。

だから人間は繁栄するために、他人の気持ちに無意識のうちに左右されるようになってしまっているのだと思います。あくびも例外ではなくそのメカニズムに組み込まれているのではないでしょうか。



スポンサーリンク

あくびがうつりやすい人とは?

人間の共感力によってあくびが伝染するようだと分りましたが、実際に試してみました。

我が家には6歳の子供がいますが、試しにこの子がそばにいる時にパカパカあくびをしてみました。すると1分以内にパカパカと涙を出しながらあくびを始めたんです。

でも、うちにいるお姉ちゃん、この子は発達障害があって、アンとサリーの問題もまだ通過していないので、心の発達は5歳に満たないのですが、この子の前でもパカパカあくびをしたんですけど、伝染しなかったです。これは私もびっくりしましたよ。

これは私の小さな家での小さな実験結果なのですが、ある程度心の成長がない子供では共感力が発達していないので、あくびはうつらない。ということがわかりました。逆説的に考えると、共感力が発達していて、他人の心がよくわかる人ほどあくびはうつるのかもしれません。

あくび

仕事中にあくびはマズイ。。あくびがうつちゃった時の対処法!あくびの止め方!

最初に紹介した通り、あくび脳のオーバーヒートで起こるとしたら、額に冷たいシップを貼る、首筋を冷やすなどの対策で効果が出るのではないかと思います。私ならそうします。

けれど、オーバーヒートなんて心当たりないよ。というとき、もしかすると共感力やストレスによってあくびがでているのかもしれません。そんな時には一人になるのはいかがでしょうか。トイレで一人になってストレッチをしてみる。

体をリラックスさせることであくびが解消できるかもしれません。

最後に

ここまであくびについて真剣に考えてみました。

普段何気なく繰り返していた生理現象ですが、意外にもこんなに深い理由があったんですね。人類の進化についてまで考えが及んでしまいました。

あくびがつらいと感じたとき、あくびの対処法などを一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ