突然の車のバッテリー上がり!そんな時の対処法とは!?原因とは?

通勤やお買い物に車で出かけることも多いみなさん。
ある朝、エンジンがかからない?!と焦ってしまったことありませんか?
0
実は、車によくあるトラブルの一つがバッテリー上がりで、
今までにバッテリーがあがってしまって
困った経験をされた方も大勢いらっしゃると思います。

これから気温もあたたかくなり出かけやすい季節ですが、
ドライブの途中、休憩の後、車のエンジンがかからなくなったら…?
大切な家族や恋人との時間をバッテリーのために割いてしまうなんてイヤですよね。

こんなことにならないようにバッテリーが上がる原因と、
上がってしまったときの対策
について紹介します!

スポンサーリンク

バッテリーが上がってしまう原因とは?

1

車のバッテリーが上がってしまうのは様々な原因があります。
その中で最も多いのがライトや室内灯、エアコンをよく使うことで
大きく電力消費量が増えていることです。

バッテリーは車を走らせることで充電されるのですが、
車を止めた状態でライトや室内灯、ウインカーなどをつけっぱなしにしておくと、
どんどん充電された電気が使われていき最終的にバッテリーが上がってしまいます。
その他にも、電力消費量の多い設備を積んでいる
もしくは使用して電力使用量が増えてしまうと
その使用量にバッテリーの充電が追いつかず上がってしまうのです。

また、長い間車に乗らない状態でバッテリーを放置しておくと、
自然放電という現象でバッテリーが上がることがあります。
近い理由で、走行距離が短いドライブを繰り返すことも
バッテリーの充電が十分にされないため、電気が不足してしまいやすいです。

それ以外だと、バッテリーの寿命で機能が弱っていることや、
車とバッテリーとをつなぐ装置が故障していることも、原因として考えられます。

 

突然の車のバッテリー上がり!そんな時の対処法!

2

突然バッテリーが上がってしまった対処法をお伝えします!
バッテリーが上がらない気を付けていたものの、
バッテリーが上がってしまったら、車のエンジンがかからなくなり動かせなくなります。

ここで対策方法としては、
バッテリーを動かすだけの電気を分けてもらうことをします。
これをジャンピングスタートと言います。
車のバッテリー同士を専用のブースターケーブルでつなぎ、
電力を供給してもらう車のエンジンをかけてもらう
ことで、
上がってしまったバッテリーに電気が供給されてエンジンがかかるようになります。
また、こちらの分かりやすい動画も参考にしてみてください。

引用元:もしもの時は・・・JAFが教えるバッテリーのつなぎ方

万が一の事態に備えるために専用のケーブルを車に積んでおきましょう。
これが最も一般的でコストが掛からない方法ですが、一人では出来ないことが難点です。
人手が足りないときは、JAFを電話で呼んで修理をしてもらうことも可能です。
値は張りますが、プロが直してくれるため安心です。

その後、走行することは可能となりますが、
バッテリー自体が寿命を迎えていたり、損傷している場合は、
エンジンを止めると再び始動できない場合も考えられます。
また、発電機が不調の場合は走行中に止まることがあるので、
ディーラーや専門店で早めに点検してもらいましょう。

スポンサーリンク

バッテリーが上がらない為に注意すること&対策!

3

まずはケアレスミスを防ぐのが一番の早道です。
ランプやオーディオをきちんと消したことを確認するクセをつけるだけでもかなり違います。
でも、そのほかの原因の場合には、
バッテリー上がりにつながるような症状(エンジンのかかりが悪い・ヘットライトがたまに暗い気がする
に気を付けておくことも大切ですね。

そして、バッテリーを上がらない為の対策で1番有効なのが
エアコンの風量を控えめにする!という方法です。
JAFのデータでも、エアコンが最も多く電力を消費しているのは、
風力を最強に設定している状態
ということだそうです。
夏は気をつけないと…(~_~;)
ですので、車内の温度が下がってきたら、
エアコンの風量を少し下げてみてください。
暑くなってきたらまた風量を上げる、というように
こまめに切り替え
てやれば、暑さを我慢することなく、
電力消費量も抑えることができるでしょう。
またその際、設定温度を少し高めにしておけば、
燃費にも好影響を与えるはずです。

 

最後に

4

いかがでしたか?
よく車を運転する方もそうでない方も、
覚えておくきっと役立つときがくるはずです。

またバッテリーは、車を多く乗る方よりも、あまり乗らない方が上がりやすいので、
乗る回数が少ない方はたまに専門店でバッテリーを充電してもらうといいですね。
快適な移動手段である車も、突然バッテリーが止まってしまうと、
動かなくて大変な思いをしてしまいます。
車のためにも、自分たちのためにもバッテリーを上げないよう気をつけましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ