お世話になった人へお中元を贈る最適な時期&最低限のマナーとは?

夏が近づくとそろそろ夏の贈り物の季節。そう、お中元です。
もともと中元とは、中国起源の罪を火で焚く祭が、日本の盂蘭盆会(お盆)と融合して、
同じような時期に行われるようになっていったという説もあります。
j;ww
ここでは、いろいろ迷いがちなお中元の時期とマナーについてお話しします。

スポンサーリンク

お中元を贈る最適な時期とは?地域によって違うの?

お中元は一般的に7月1日から15日のうちに
相手の手許に届くよう送るといいでしょう。

最近はネット通販などでどんどん時期か早まっている傾向がありますが、
6月中に届いてしまうとやはり違和感があります。

区切りは、15日を過ぎても送ることはできますが、
その場合、熨斗に注意が必要です。
15日までは「御中元」、15日以降8月初旬の立秋までは「暑中御見舞」
それ以降は「残暑御見舞」です。

つまり、季節のギフトとして送ること自体はおかしくないけれど、
時期を逸したらやはり本来のお中元とは少し違う、ということですね。

なお、お中元はお盆の行事とも微妙に関係があるので
旧盆の習慣がある関西地方などでは
8月1日から15日までをお中元の時
期とします。
ちょうど月遅れですね。
詳しくはお店の方も教えてくださるはずなので、相談してみてください。

月遅れ地域間の贈答ならもちろんこれに準じますが、
例えば関東から関西に送るときなど
わざわざ月遅れにすることはありません。
関西から関東へはケースバイケースで考えてください。
習慣の違いに理解がなく、非常識だと思われてしまっては
つまらないことと思います。
不安に思ったら7月に揃えた方が無難だと思います。

 

お中元で失敗しない為の最低限のマナー!チェックポイント!

1

お中元は、日ごろお世話になっている方々への感謝を示すものです。
本来はきちんと風呂敷に包み、事前にご都合を伺って先方に持参するのが基本です。

しかし、いまは簡便化して、ネットから配送するだけ
という方も多いのではないでしょうか?
でも、この場合も、送り状だけはきちんと用意しましょう。
荷物に同封するか、到着を見計らって送ります。
送り状には季節の挨拶と、送った品物の紹介、いつ届くかなどを書きましょう。

逆に、お中元をいただいた場合もきちんとお礼状を送りましょう。
届きましたという報告にもなりますし、
電話ですませるより感謝の気持ちが伝わります。
お中元はお祝いではないので、お返しをしない分、
きちんとけじめある対応をすることが大事です。
送る側のマナーとして品選びがありますが、
これについては項を改めてお話しします。

スポンサーリンク

商品選びで注意するべき事とは?

2

心のこもった贈り物であることが大事なので、
先様の家族構成や趣味に合わせた品選びをすることが大切です。

例えば、一般的に非常に喜ばれる高価な贈り物だからと言って、
高齢のご夫婦2人暮らしのところに賞味期限が長くないフルーツを大量に送っても、
決してよい贈り物とは言えません。

また、生鮮品を冷凍で送るときなどは、受け取れない場合
ご迷惑をかけることになるので、ご都合に合わせて送る配慮も必要です。

せっかくの贈り物も、先様に喜ばれなかったり、
ご迷惑をかけては意味がありません。

人と人との心遣いを形にしたものと心得て、
すてきな品物を選んでみましょう。

 

最後に

しきたりも多く、面倒な気がするお中元。
でも、意外とルールは多くありません。
ルールを守るという意識ではなく、お世話になった方のお顔を
1人1人思い浮かべながら、喜んでくださる姿を
想像してみてください。

そのためには何をすればいいのか、と考えて行動すれば、
まず間違いありません。
自信を持って、すてきな夏の贈り物を。

スポンサーリンク

このページの先頭へ