106万の壁はいつからいつまでが対象?130万円の壁はどうなる?

2016年10月から適用になるという「106万の壁」。
ご主人に扶養され、社会保険を払わす所得税もなし、
というパートの方
には気になるところですね。
0
今まで103万の壁とか130万の壁とかも聞いたけど、
結局どういう働き方がいちばんおトクなの?
いつからいつまでの働きかたが基準なの?
もしかして、もう仕事をセーブしたほうがいい?

ここではそんな疑問にズバリお答えします!

スポンサーリンク

106万円の壁とは?

まず基本から押さえましょう。
2016年10月から、パートタイマーの中で
一定の条件を満たす方を対象に、社会保険が適用になります。

勤務時間が週20時間以上とか、従業員501人以上とか、
一年以上の雇用が見込まれる、などという条件と並び、
賃金が月額8万8千円以上、ということがあり、
ほぼ年収106万となることから、「106万の壁」という言葉が生まれました。

社会保険が適用になると、健康保険料と厚生年金保険料、
40歳以上の場合はさらに介護保険料を自分で支払わなければなりません。

今まで年収120万の方だとすると、20万近く負担が増えることになるので、
手取り100万そこそこになってしまいます。
当然ご主人の扶養から外れなければならないので、
今までご主人についていた配偶者手当とか配偶者控除がなくなることにもなります。

それなら仕事をセーブして、扶養のままでいたい、という方もいらっしゃるでしょう。
でも、ちょっと待って!
あなたの勤務先は、従業員501人もいますか?
これは支店なども含めた人数になりますが、単純に106万円を超えたというだけで
社保が適用になるわけではないのです。

ご自分が対象となるのか、先ずは会社に問い合わせ、しっかり確認してみましょう。

 

130万円の壁は無くなるの?違いは?

1

今まで、「103万円の壁」とか「130万円の壁」とか、
聞いたことがありませんか?

103万円の壁というのは、年収がこれ以下であれば所得税がかからない、ということです。

所得税の計算時には、支払われた金額から
基礎控除の38万円と給与所得控除(最低65万円)、
合計103万円が差し引かれ、残った金額に課税されることになるので、
年収103万円未満の場合は課税されないことになります

もちろんこれは、複数の勤務先がある場合は金額を合算し、
その人あたりの年収額が根拠となります。

また、130万円の壁というのもよく耳にします。
年収が130万円未満であれば、自分が社会保険に加入していない限り
「被扶養者」として夫の健康保険に加入し、
第3号被保険者として公的年金にも加入でき、
いずれも保険料を払うことはありません。

被扶養者でいるのと、自分が被保険者になるのと
どちらがおトクかというのも難しいのですが、
健康保険についてはどちらも3割負担なので差はなく、
高齢になった時の年金額は被保険者であるほうが額は多く有利です。

どちらも、今現在見える部分はほとんど差がないのに
自分の保険料を負担しなければならないのは、少し負担感があるかも知れませんね。

間違いやすいのは、「130万円の壁」の規程自体は何も変わらないこと。
年収130万円以下であること、社会保険に加入していないことの2点が
扶養される条件なのは今までと同じ
です。

ですが、より低い年収の106万円でも社会保険が適用されることがある、
という点で変化が起こり、130万円未満の収入でも扶養してもらえなくなるケース
が出てきてしまうんですね、

事業所の従業員数や先々の雇用見込みなどのため、
年収106万円を超えても社会保険に加入しなくていい場合があることは先に述べたとおりです。

スポンサーリンク

106万の壁はいつから?いつからいつまでが対象?

2

なんとなく理解して、自分のパート先が結構大規模な会社で、
どうも106万の壁が適用されそう、というところまで理解してしました。
そこで新たな疑問も湧いてきます。

じゃあ、その月額8万8千円、年収106万円って、いつから計算するの?
あ、うっかり残業代を喜んでつけちゃって、
ここんところの給料、10万を超えてる…これってヤバイっ?!

いえいえ、安心してください。標準報酬月額というもので判断するので、
総支給額や個々の月給は関係ありません。

この標準報酬月額は、年に一度決められて一年間適用されます。
4月、5月、6月の3カ月間の給料の平均値を求め。
7月に決定
しています。

年度初めはあまり残業しない方がいいとか聞いたことはありませんか?
このことを指しているのです。
なので残業をセーブすべきなのはこの3カ月!
あとはバリバリ稼ぎまくっても大丈夫ですよ。

 

106万円には交通費・残業代・ボーナスは含まれる?

残業代は含まれますが、交通費は含まれません。
また、ボーナスは臨時収入なのでここには含まれません。

あくまで、その会社の社会保険に入るかどうかの基準ですので、
掛け持ちで働いていたりする場合、合算で106万円を超えても大丈夫です。
所得税についても同じことです。

 

最後に

いかがでしたか? 現状では条件を満たしたパートさんのみへの適用とされていますが、
健康保険や年金保険の担い手を増やすためにも、
扶養されるより働くことを選ぶことを推進するための制度改革なので、
今後適用範囲が広がる可能性もあります。
いろいろな条件をよく考えて、これからの働き方を決めてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ