蚊から部屋を守る為の最も有効な対策とはッ!?

いつの間にか部屋にはいっていきていたにさされたらいやですよね。

いったい蚊はどこからやってくるのでしょうか?

網戸にしていてもいつのまにかはやってくることがありますよね。

そんな蚊の習性について見てみましょう。

スポンサーリンク

蚊の好きな・集まる環境とは?習性は?

蚊

蚊は二酸化炭素の密度の濃い場所や、周りより温度の高いところへ集まる習性があります。

黒い色を好む傾向にあります。

肌の水分、体温の熱、汗に含まれる乳酸を感知して寄ってきます。

皮脂の臭いに反応します。特に足の独特なにおいに寄ってきやすいと言われています。



蚊はいったいどこから来る?

蚊

ボウフラからは発生すると言われています。

ボウフラはメス蚊の産み落とした卵から孵る幼虫。人の血液を吸うのはメスの蚊だけですが、葉があると生きていけるためその生存力はすごいものだと言えるでしょう。

雨樋、空き缶、バケツ、排水溝などにたまっている場合が多いです。

スポンサーリンク

蚊から部屋を守る為の最も有効な対策

蚊

最新の蚊とりスプレー

部屋の天井に吹きかけるものです。コンセントも電池も不要です。部屋のどこにでもおける便利さが特徴です。

蚊取り線香

昔からある蚊取り線香は今もたくさん売られています。親しみのあるグッズですよね。まあるいところの端に火をともしてどんどんなくなっていくのを見ていると「ああ、こんな季節なんだ」としみじみ思ってしまいますよね

ワンプッシュタイプ

ワンプッシュしたあと、2時間窓を開けないで放置したままにすると、長時間効果があるというグッズ。

つりさげタイプ

風があたるところに置くと、その成分で虫がよってこないというグッズ。範囲がせまくてあまり効果がないのかもしれない。

ゼラニウム

植物ですが、蚊がよってこないという特色があります。育てるのは簡単、水とときどき肥料をあげるだけです。

アロマオイル

いつも蚊がいるとは限らないので蚊がよってきたらアロマオイルで対策するようにしましょう。

蚊帳

昔から使われている蚊帳。今でも田舎のほうにいくとありますよね。蚊帳のなかでは安心。寝てる間につるしておくことが多いですね。夜よく使うものですね。

その他にもいろいろな対策グッズが出ているのでいろいろなものを試してみましょう。

マンションの高層階には蚊はいないの?

蚊

低層階にくらべていないようですが、それでも蚊は出ることがあります

窓からというよりもエレベーターに乗ってやってくるみたいですね。できるだけドアの開け閉めもスムーズにすばやくして窓も虫コナーズなどで対策しておくといいですね。

うちは昔は公団の8Fに住んでいましたが、あまりはこなかったように思います。でも植木をやっていたのでうっかりと水を貯めてしまったときにはボウフラがわいてしまいました。もちろんすぐに捨てたのですが、植木を愛する人は注意しなければなりませんね。

最後に



にさされるのはいやですね。

お酒をよく飲む人はさされやすいと言います。うちは主人と私ふたりともお酒が大好きでよく飲みますが、主人だけがよくさされることが多いです。血液型によってもちがうみたいですね。


引っ越ししたところが2Fです。まだ引っ越ししてから1年ちょっとですが、蚊にあまりさされたことがありません。密閉していることが多いからかもしれませんね。


夫が外の空気をいれるのが大好きでよく窓をあけてしまっています。網戸がないので蚊の時期はやめてもらっているのですが、その他の時期は冬でもあいています。「寒いんだけど」というと閉めてはくれますが、ひとりになるとまた開けて外の空気を入れています。性格の違いでしょうか?私はあまり開け炊くはありません。ちょっと道を隔てたマンションから見えてしまわないか心配になるからです。


蚊は夕方買い物に行くとさされることがありますね。ちょうど蚊の時期にさされます。あと郵便物を見にいくときにさされることが多いです。


今年はさされないようにスプレーをしてから外に出ることにしようかと思っています。

スポンサーリンク

このページの先頭へ