皮膚科で処方される美白の薬、ハイドロキノンの効果とは?副作用も?

最近美白効果があると話題のハイドロキノン

みなさんはもうすでにご存じですか?

今回はこのハイドロキノンについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ハイドロキノンは美白ではなく脱色?

ハイドロキノンは皮膚科で治療目的で使うことがあります。

どのような患者さんに使用するかというと、全身に多発する汎発型の尋常性白斑の方です。

ステロイドのお薬や、紫外線療法で改善が見られなかった場合、ハイドロキノンを使って正常部を脱色することで、全身の色を統一し、白斑してしまった部分を目立たせなくするのです。

このような場合、美白効果よりは、脱色の効果を期待して行います。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、シミなどの原因となるシロチナーゼ酵素の生成を抑制します。

強力な効果が見込めますが、強い薬品である以上個人で使う場合は注意する必要があります

1

副作用?

少し前ある化粧メーカーが売り出した美白を売りにした化粧品を使用したことによって白斑被害が出た話は有名ですが、その時の成分(ロドデノール)とこのハイドロキノンは別のものです。

けれど、使い方を間違えるとこのハイドロキノンでも白斑の症状が出ることがあるので、必ず正しい使い方を調べてから使用しましょう。

ハイドロキノンは今のところ2%以上含まれていると医薬品の扱いになり、5%を越えるものの場合は医師のカウンセリングを受けて使用した方がいいとされていて、とにかく、とても強い薬なんです。

ハイドロキノンはメラノサイトというシミを生成する細胞に働きかけ、メラニンを作りにくくしますが、これを塗った部分は紫外線に対して非常に弱くなっているので、万全な紫外線対策が必要です。

特に塗ったあとは日に焼けないよう気をつけて下さい。

日焼けをしてしますとシワや、さらなるシミの原因になりますので、ハイドロキノンを使ったあとは、上から日焼け止めを塗ったり一枚はおったりして外出しましょう。

私ならなるべく夜塗ってさっさと寝てしまいます。

元々皮膚が弱い方などは使う前に医師に相談したほうがいいでしょう。
また、皮膚に今まで大きなトラブルがなかった方でも、使う前は目立たない箇所でパッチテストを行いましょう。

スポンサーリンク

それで……ハイドロキノンは美白に効果はあるってこと?

一般的な美白化粧品はメラニンの生成を抑制する効果が見込めますが、ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制する以上にメラニンを作るメラノサイトの働きを抑えるので、一般的な化粧品よりはもっと直接働きかけるような作用が期待できます。

日本では2001年に厚生労働省がハイドロキノンを認可したのですが、それより前は美白効果の高さに、海外から個人輸入して使っていた人がいるほどだったと聞きます。

また、それまではシミを消すにはレーザー治療以外選べなかったのですが、このハイドロキノンを使う選択肢ができたことは女性にとっては嬉しいことです。

 

皮膚科以外でも手に入れられる?

スキンケア化粧品にもハイドロキノン配合のものが増えてきているので、必ずしも皮膚科に行かなければ手に入らないわけではないようです。

しかし、初めて使う方が高濃度のものに手を出すのは少々危険があるので、なるべく低い割合のものからチャレンジしましょう。

 

自分で作れるって本当?

元々ハイドロキノンは写真を現像する際、感光したフィルムの還元剤として使われていました
さすがに現像用として売っているものをそのまま使うのは変な気分ですが、意外と通販などで安く手に入れられるようです。

普段使っている基礎化粧品に少量を混ぜて使っている人もいるようですが、このハイドロキノンはとても不安定な物質なので、何かに混ぜた場合すぐに使い切った方がいいようです。

要するに使用期限が短いんですね。

全部オリジナルの方法で自作する人はあまりいないと思いますが、ハイドロキノン入りの化粧を自作したい場合、それ用のセットも売っているので、調合方法を読みながら自作してみると良いと思います。

2

最後に

強力な美白効果を持つハイドロキノンその驚きの効能と、間違った使い方をした時の恐さについて考えてきました。

強い武器は自分を守るけれど自分までも傷つけてしまいかねないので、よく気を付けながら使ってください。

そして、異変を感じたら迷わず受診しましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ