土用の丑の日 2016年はいつ?意味や由来は?なぜうなぎなのッ?!

土用の丑の日!ののぼり旗がヒラヒラはためくところ見たことあります?
1
夏にスーパーに行くと魚売り場の近くにこんなのぼり旗が出て、人だかりもできてワイワイ賑わっていた思い出があります。

売り場を覗いてみるとパックに入ったウナギのかば焼きが並んでいて、いつもはこんな高いもの食べないのにみんなこぞって買っていました。

スポンサーリンク

2016年の土用の丑の日はいつ?

今年の土用の丑の日は7月30日の1回です。

確か昨年は2回あったような記憶がありますが、何となく二回目は流行っていなかったような気がします特に高かったしね。

夏本番。ウナギで体力つけて夏を乗り切りましょう!

 

土用?!どういう意味?

子供の頃は「『土曜の牛の日』なのになぜ月曜なんだ!?火曜なんだ?」と思っていた人がもしかしたらたくさんいるんじゃないでしょうか?
私もそのうちの一人です。

私はその上牛の日なんだから牛丼でしょ!と思ってましたが・・・。

「土用の丑の日」の「土用」を考えてみましょう。

「土用」とは、五行思想という木・火・土・金・水の5つの季節などの変化などを抽象化した考え方を元にした自然哲学の考え方が起源で、立夏・立秋・立冬・立春の四立の直前の18日間ずつのことです。

それぞれの土用の最初の日を土用の入りと呼びます。

ちなみに、最後の日が節分です。

 

丑?丑の日?ってどういう意味?

丑の日は「牛」ではなかったんですね。実は恥ずかしながら結構大きくなってから知りましたが。

この丑の日とは、十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」の前から二番目の「丑」のことなんです。

この干支の数え方は、年を数える時にも用いられるのですが、日を数えるのにも使われます

カレンダーを見ると中には「ひのえうし」とか「きのえね」などとかかれていることがありますよね。
このように昔の暦では干支を使って日を数えていたんです。

スポンサーリンク

土用の丑の日の由来は?

土用の丑の日は夏ばかりがクローズアップされていてウナギを食べる日になっていますが、実は他の季節にもあるんです。

今年は冬だと1月20日春だと4月25日夏は前述のとおり7月30日、そして秋は10月22日11月3日です。

土用とは立冬

立春・立夏・立秋の前18日間で、そのうちの「子丑寅・・・」と数えたときの「丑の日」この二つが重なる日が「土用の丑の日」です。

 

なぜ?うなぎなのッ?!

やはり、スタミナでしょう。
と私は思ったのですが、そんなにあの魚にスタミナがあるんでしょうか?

そこでウナギの成分について調べてみました。

タンパク質脂質ビタミンAビタミンB群ビタミンCビタミンDビタミンEカリウムカルシウムマグネシウムリンマンガン亜鉛などが含まれています。

ビタミンAは動物性食品に多く含まれていて、細菌への抵抗力を強め
ます。特にこのビタミンの豊富さは牛肉よりも優れているようです。

その他の肉類に引けも劣らないスタミナを備えている日本の伝統食と言ってもよいのではないでしょうか。

さらに言えば丑の日に「」のつく食べ物を食べると厳しい夏を乗り切れると言われていたようで、うなぎうどん梅干しなどが食べられていたようですが、その中でも特に栄養素が豊富なのがうなぎだったんでしょうね。

かば焼き白焼きも、肝吸い骨せんべいもウナギのどの部分もとっても美味しくて大好きです。
特にビール飲みながら肝の串焼きなんてたまらないですよね。

2

最後に

土用の丑の日、年々ウナギの価格も上がっているようですが、まだ辛うじて私たち庶民にも手が届くと思うので、今年もがんばって奮発して食べようかと思います。

ウナギの生態の解明も進んで、いつかもっともっと食べやすくなることを祈っています。

スポンサーリンク

このページの先頭へ