犬が散歩を嫌がるのは何が原因なのかッ?理由は?

犬にとってお散歩はいちばんの楽しみ!

散歩の気配を察しただけで玄関に突進し、待ちきれない。
ちょっとの雨なんて気にしない…

そんなお散歩であるはずが、なぜか嫌がる犬もいます

なぜなのでしょう?

スポンサーリンク

犬が散歩を嫌がる原因・理由として考えられるのは?

犬の散歩の効果は、運動ということももちろんありますが、日常生活の中の息抜きであり、アクセントであり、人や他の犬に慣れるという社会性の獲得の意味もあり、とても大切なものです。まずそこから考えてみましょう。

例えば、人間が具合が悪い時に、どんなに外出が好きでも極力出歩かないようにしますよね。

日ごろ大好きなお散歩を急にしぶるようになるのは、どこかに病気やケガを隠している場合があります。

もともと散歩をしたがらない犬の場合は2種類の原因が考えられます。

一つは子犬のときに外へ連れ出す経験をせず、散歩の楽しさがわからないまま成長してしまった場合です。

もう一つは、過去のお散歩でイヤな体験をしてしまい、散歩が怖くなってしまった場合です。

怖い犬に出会ったこと、小さな子どもに付きまとわれてイヤだったこと、あるいは本当に怖くて吠えてしまったのに、飼い主にまで叱られてトラウマになってしまったことなど、いろいろです。

1

その他、合わないハーネスやリードをつけられることがイヤでお散歩嫌いになる犬もいます。

甘えて抱っこされたがってばかりの犬もいます。

 

散歩を嫌がる犬への対処法!

動物はどうしても体調の悪さを隠そうとするのでわかりにくいのですが、大好きだったお散歩を突然嫌がるようになった場合は、他にもサインをだすことがあるので、気になる場合は獣医さんに連れて行きましょう。

高齢の犬の場合は特に気をつけてあげましょう

2

そもそもお散歩嫌いの場合は、子犬のときから飼っているなら飼い主さんにも何か思い当たる節があるかも知れません。

少しずつ連れ出し、散歩は怖くないということをわかってもらいましょう

ご褒美をあげることも時には必要です。
なるべくゆったりした首輪で、身体の負担も和らげてあげましょう。

再度辛い思いをしないで済むよう、時間帯や場所を考えてあげるなど、気を配ることも必要です。なるべく人や車に出会わずに済む、自然豊かな場所をやはり喜びます。

3

お散歩習慣はしつけでもあります

無理をかけていないかを十分見直し、それでも甘えて歩きたがらない場合は多少厳しくしてもよいと思います。

ただ、快適にお散歩できる環境を用意せず、怒ってばかりだと、本当にお散歩がイヤなものだと学習してしまいます
愛情をもって接してあげてください。

スポンサーリンク

散歩を嫌がる時に心配すべき病気は?

足腰のどこかにケガをして、歩くことそのものが負担になっている場合があります。普段の歩き方と比べ、違うところがないかよく観察してあげましょう。

高齢犬の場合は心臓疾患を持っていることが多く、息が切れてしまうため、お散歩という運動そのものが負担の場合もあります。

特に小型犬では気道も狭くなりがちで、その他貧血やフィラリア症など、全身状態が悪くなってくると散歩どころではありません。

呼吸が苦しそうだったり、チアノーゼを起こして舌が紫色になっていたりしたら、出来るだけ早く獣医さんのところに連れて行きましょう。

 

最後に

散歩を喜ぶかどうかは、犬の身体とメンタルの状態を示すサインです。

犬は自由に歩けません。

飼い主さんが愛情を持って、楽しいお散歩になるよう配慮してあげてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ