初心者がマラソンを完走できるまでの練習方法を教えますッ!

最近流行りの市民マラソン。
10キロとかハーフとかも多いし、中には100キロ越えのウルトラマラソンまで、
どれも大盛況って聞くよねー。

bill

走るだけならお金もかからず、気楽に始められそうだけど、でも待てよ…
高校の体育の授業からずっと走ったことなんかない
初心者の自分でも完走できるんだろうか?
練習するって言ったって、何をどうしたらいいの?
それに、マラソン途中で突然死とか聞くし、
この年齢だと他人事じゃない気が…
そんなあなたにこそ贈る、マラソン入門講座をお届けいたします!

スポンサーリンク

初心者だけど、マラソンなんて完走できるの?

マラソンと言ったら42.195キロを2時間そこそこで走る競技でしょ?
いえいえ、それはトップレベルの国際大会の話。
市民大会では、その倍以上の時間をかけて大丈夫なので、まず安心してくださいね。
自分が楽しんで達成感を味わえればいいんです。

そうは言っても、歩く速度が時速4キロとして、
単純に10時間以上かかるような距離です。
それも休みなしに…それだけで心が折れそうです。

確かにいきなりは大変なこと。
まずは、マラソン完走を目標にするのではなく
いままで経験しなかった「ランニングのある暮らし」
を楽しむことから始めてみませんか?

isu

40代、50代から走り始めて、マラソン完走まで行った知人を何人も知っていますが、
みな、身体にいいかも?という理由で始めて、
だんだんレースに興味を持つようになり、どんどん距離も伸び、
いまは自己ベストの更新が何よりの楽しみ…という人ばかりなんですよ。

 

大会へ向けてのモチベーションアップの方法とは?

本当の初心者だと、やはり、ある程度の準備期間は必要です。
何より大切なのは、走ることを楽しめるかどうか。
いまは自己ベストの更新が何よりの楽しみ…という人ばかりなんですよ。
まずは走ることを好きになり、毎日走らないと気持ち悪い状態に
自分を持っていきましょう。

憧れだけでクリアはできません。メンタルだけでなく、
走れる身体に整えていくことが大切です。
それには無理せず怪我せず、コンスタントに走ること。
市民マラソンに出る方々はその時だけ走っているのではありません。
毎日のランニング生活の延長線上にレースがあるのです。
まず、心構えと、毎日の生活が何より大切です。
そのうち、レースに出たくてたまらない自分になるように、
今日から第一歩を踏み出しましょう。

③マラソン完走までのおすすめの練習方法とは?

me

先ほども言いましたが、まずは自分が楽しむこと。
いきなり大会、というより、第一歩から始めて「自分にもできる!」を増やしていきましょう。
ステップアップの先にレースがあります。

ほとんど机に座ったまま、という方は、まず、ウォーキングの習慣から。
毎日1時間歩く癖をつけ、少々のことでは休まないことです。
今日は疲れたから、少し風邪気味だからと、自分への言い訳はたくさんでてきます。
でも、そこに勝つこと。ウォーキングだけでも身体がスッキリして、
身体が軽くなるのが楽しくなります。

そうしたら、少しずつ走ってみましょう。
ウォーキングの途中、走る時間を取るようにして
少しずつ距離も伸ばしていきます。

走るといっても、スローランと言って、早歩き程度の速さで、
まず距離を目標にします。

最初は息が切れて仕方なかった距離も、
2回目、3回目と面白いくらい楽になっていくものです。
自然と距離を延ばしたくなります。

だんだん心拍が鍛えられ、本格的に走れる身体に変わっていきます。
走ることに慣れてくると、自分で目標を作ってのトレーニングも
できるようになります。

今日はゆっくりでいいから50キロ走ってみようとか、
20キロでもタイムを目指そうとか、自分との闘いが楽しくなります。

マラソンに必要なのは心拍機能と、走りきれる筋力。
長距離になると栄養や水分補給のテクニックも必要となります。
少しずつ自分なりのノウハウを身につけ、短距離からレースに出てみましょう。

そこでできたラン友は貴重な存在です。
情報交換しつつ一緒に練習したり、レースに出たり、
でもとにかく自分のために、楽しむために、を忘れず
人に引きずられることなく楽しむことが何よりの練習です。

また、身体の異常を感じたら直ちに止めて様子をみてください。
負担が多く激しいスポーツなのは確かです。
怪我して身体を壊したり、心肺に過剰な負担をかけすぎるのは禁物です。
あくまでも大人のスポーツとして上手に取り組んでくださいね。

スポンサーリンク

マラソン完走までを助けるとっておきグッズ紹介!

実はマラソンにも道具があります。
まず、よいランニングシューズは必ず揃えましょう。足への負担が全く違います。

ランニング用のタイツやソックスも、高価ですが、筋肉の疲労を和らげ、
快適さが違うので、本気でレースを目指すのなら活用することをおすすめします。

上半身も、動きを妨げない、速乾性の専用のものが欲しくなります。
長丁場ですので快適でないとやはり辛くなります。

ポーチ1つとっても走るときに上下動があると長距離は難しくなります。
ランニング専用の便利なグッズがたくさん出ていますので、
お財布と相談しながら上手に使いこなしてください。

だんだん回数をこなしていくと、タイムも気になります。
ガーミンなど、GPS機能つきのスピードも計れる便利なグッズもあります。
走行記録の管理も出来ますので、お好みでチョイスしてみてください。

 

最後に

ki

何となく今の自分を変えたい、身体を変えたい、生活を変えたい、何かに挑戦したい、
そんな漠然とした思いからランニングを始める方も多いと思います。

ランニングは、その人の趣味や好みに合わせていろいろな楽しみがあります。
マラソン完走はその1つに過ぎません。
完走せねば、で自分をガチガチにするのでは意味がありません。
身体を大切に、あくまで走ることを楽しむ日常の延長線上にあることを忘れずに、
楽しみながら頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ