一人暮らしに絶対に必要な家電品とは?!必要な機能な容量も!

出会いの春がやってきました。
実家から出て一人暮らしを始める方も多いのではないでしょうか?

そこで今日は一人暮らし用の家電ほしい家電などをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

一人暮らしで絶対に必要不可欠な家電とは?

電子レンジ

これがなくては不便で仕方ないのが電子レンジ。
私は電子レンジが一番必要なアイテムだと心の底から思っています。

衣食住のなかで「食」が最も大事だと思うからです。

とにかく電子レンジがあれば調理が簡単だし、朝起きてすぐコンビニに行かなくても家のあるものを食べたい時になにか温まるものを食べられます。やっぱり三食を外食ってわけにはいきませんからね。

一番安い機種でもいいから、まずは電子レンジを購入してください

1

冷蔵庫

暑い夏、外から帰ってきて、冷蔵庫から冷たいビールを出してプッシュっと空ける。こんな気分のいいものはないです。
これぞ成人の醍醐味だと思います。
アルコールダメな人はお水ね。

自炊する人には当たり前のこと、大きなキャベツを一日で食べきるわけにはいかないから、冷蔵庫に保管しますよね。
自炊しない人でも、水分や軽い食べ物を冷やしておく必要はあるでしょうから、生活スタイルにあった容量の冷蔵庫を選んでみてください。

洗濯機【静かなもの】

コインランドリーが近くにある人でも、経済的に考えるなら絶対洗濯機

日中仕事や学校に行っていて、どうしても洗濯が夜になってしまう場合は、できるだけ静かなものの方がいいと思います。

あと、予約ができるものがいいです。
帰宅したら洗濯できている。あとは干して寝るだけ。の方が時短になります。

テレビ

小さなものでもいいし、パソコン一体型のものなら省スペースにもなります。

エアコン

ストーブやファンヒーターなどは灯油の購入などちょっと煩わしいと感じる方もいるでしょうから、冬場の暖房も夏場の冷房もエアコン一台あれば十分だと思います。

炊飯器

毎日外食もできないと思うので、炊飯器があると便利です。

でも、最近は電子レンジでご飯が炊ける便利なアイテムもたくさん出ているので、急がなくても、生活にゆとりが出てから検討してもよさそうです。

室内灯

これがなければ住めません。備え付けになっているところも多いので、確認してから購入しましょう。

パソコン【ラップトップ】

デスクトップもいいのですが、ノート型一台あれば外でも使えるので、一人暮らしの生活ではノートパソコンの方がいいと思います。

 

それぞれの必要最低限の機能や容量は?

電子レンジ

温め機能があれば十分です。
全国転勤が予想される方などはヘルツフリーのものを選びましょう。

冷蔵庫

自炊するかしないかで容量は全然違います。
それに増やさなくても中身が増えていってしまうのが冷蔵庫。

ギュウギュウ詰めになると電力効率が悪くなるので、思っているよりも少し大きいものにした方がいいのではないかと思います。

洗濯機

5㎏くらいでいいかと思います。

最も少ない頻度でも、週末に洗濯して、あと平日に1日する頻度でやっていくのが良いのではないでしょうか。
そうしないと下着カピカピになりそうでこわい・・・。

テレビ

一人だけが観るものだから小さくてもいいのかなと思います。

実家にいたら、例えばお父さんの頭がちょっと被って邪魔!なんていうこともあったかもしれませんけど、一人ならそういうことはありませんから。

エアコン

大体の賃貸住宅にはエアコンがついているので、入居の前に確認してください。

でも、もしも備え付けてなけらば、部屋の広さを見てその広さに合ったものを購入しましょう。

炊飯器

これは最初からなくても良いのかもしれませんが、あってもあまり邪魔にならないし、使いたい時にはコンセントつなぐだけでさっと使えて便利です。

この頃は電子レンジでご飯が炊けるような便利グッズが出ているので、そちらを検討してみても良いかも。

スポンサーリンク

余裕が出たら、買う家電は?

電気ケトル

2

私は毎朝必ずインスタントコーヒーを飲むので、この電気ケトルを購入してずいぶん楽になりました。
生活スタイルや趣向は様々なので、必要ない方もいると思いますが、高額なものではないので、一つあっても良いかもしれません。

ホットプレート深型

一人暮らしにホットプレート?と思われますか?
意外と便利なんです。

冬はこの深型のホットプレートにお湯をはって、昆布や豆腐を入れて湯豆腐
もっとたくさん食材をいれて一人鍋
鍋って切って入れて食べられるからとっても楽なんです。

 

最後に

3

引っ越しのピークが過ぎて、これから一人暮らしを本格的に始める人たちも多いのでしょう。

ピッカピカの家電をそろえて、希望溢れる新しい暮らしが始まること、私も応援しています。

スポンサーリンク

このページの先頭へ