急な体調の変化?妊娠?妊娠初期の症状を分かりやすく説明します!

最近何となく眠くてあくびばかり。
気がつくとゴロゴロしている。集中力もない。
jfpewfwそういえば生理も遅れている。毎朝測っている基礎体温も上がったままだ。
これってもしかして…わーい!

特に初めての妊娠はわからないことだらけ。
つわりとかきついと聞くし、私の身体、どうなっちゃうんだろう?
喜びと不安が一緒になり、ナーバスにもなります。
ここでは妊娠初期の症状や体調の変化について見てみましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期に体調の変化?どんな症状が出るの?

妊娠の初期症状ですが、まず基礎体温が下がらなくなります。
健康な女性の基礎体温は、月経から排卵までは低温期、
排卵から月経までの2週間ほどは高温期となりますが、
妊娠すると高温期が持続されたままになるので、
人によっては熱っぽく感じることがあります。

受精卵が着床する影響で子宮から微量の出血があったり、
ふとぴいつもと少し違うおりものが見られたりします。

その他、ホルモンバランスがくずれるため、
感情が不安定になったり、肌荒れが起きたりします。
倦怠感や眠気に悩む人もいます。
頻尿、下痢や便秘、下腹部痛などもでることがあります。

早い人ではつわりが始まり、吐き気や食べ物の好みの変化
見られることがあります。

とにかく何かが違うぞ、という感じですが、人によって現れ方もさまざまです。

 

いつから症状が出るの?

hjpgwgew

まずは基本から。よく予定日は何日、と聞きますが、
どうしてそんなに厳密にわかるんだろう?と思いませんか?

妊娠週数を数えるとき、最後の生理の初日を0週0日と数え、
4週で1月とします。
月経周期は通常28日、つまり4週間。
この通りとして、次の生理予定日の初日は妊娠4週0日。
このような数え方で妊娠10週0日を出産予定日としているのです。

妊娠検査薬が使えるのは生理予定日の1週間後とされます。
それまでは検査に必要なホルモンが分泌されないからなのですが、
この時点ですでに妊娠4週となっていることになります。
本来の妊娠は、受精卵が子宮に着床する妊娠3週ごろとなり、
いろいろな症状が現れてきます。

さて、主に妊娠初期とされるのは妊娠3〜5週ごろ。
つまり、身体は妊娠状態になったばかり、
確定されるかされないかという微妙な時期です。
この妊娠初期は胎児の目覚ましい発達にとって
とても大事な時期
なのですが、
気がつかないまま従来の生活を送ってしまい、悪影響があることも。

ですから、妊活中の方は、この週数を目安に気をつけるようにしてください。
熱っぽいからといって解熱剤を服用したり、
胎児に悪影響がある飲酒喫煙を続けるのは避けましょう。

スポンサーリンク

病院を受診するタイミングは??

妊娠の確定診断は病院で受けます。
尿検査だけではなく、エコー検査や内診で胎児の状態を確認し、
今後の妊娠生活についての指導も受けることができます。

これも、着床の直後ではきちんとした診断ができませんし、
やはり妊娠に気づく決め手は生理の遅れなので、
生理予定日から1週間ほど待っての受診となります。
日ごろから基礎体温を測る習慣がある方は、記録も持参しましょう。

このとき迷うのは生理不順な方だと思います。
次がいつになるかわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それでも基礎体温は重要な手がかりになります。
排卵後に高温期に入るのは同じですので、
高温期が3週間以上続いた段階で受診してください。

測っていても風邪で熱を出してしまって参考にならなくて、という方も、
行為から3週間が目安となりますが、いったいいつ?ということもあると思います。
そのような時には、とにかく身体の状態に気を配り、
気になったときは必ず受診してください。

 

最後に

fghjwp@gq

妊娠出産は人生の一大イベントです。
満足のいく妊娠生活を経て新しい家族を迎えるためにも、
早めに知って対応することがとても大切です。

食事や生活を切り替えることも必要になってくるからです。
特に妊娠初期には身体も心も不安定になりがちですが、
きちんと対応する方法もありますから安心してください。

個人差も大きいので人とあまり比べず、のんびり過ごすようにしましょう。
自分の状態をよく知って、楽しいマタニティーライフをお過ごしください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ