梅雨のボサボサ頭もこれでスッキリ?ヘアケア対策・方法を紹介

鬱陶しい梅雨の時期。洗濯物も乾かないし、
ちょっとほっておくとカビやらなんやら・・。
tuyu0
朝起きてヘアセットに時間がかかるし、
せっかくセットしてもいつの間にかボサボサ、変なところがハネる・・。

毎年の事とはいえ、なかなか大変ですよね。
そんなイヤな梅雨の時期のヘアケアに役立つ情報をご紹介します。

スポンサーリンク

梅雨はどうしてボサボサ頭になるの?

tuyu1
梅雨の時期は、湿度が高くなると髪が広がります。

でも何で?実は一番の原因は髪のダメージ
によるものです。

キューティクルが剥がれている部分から水分が侵入し、
水分を溜め込んだ部分から膨張して、髪がうねりを起こすんです。

髪が傷んでいなければ、髪全体が水分を吸収しても
うねりは起こりません。
つまり髪は広がらないのです。

髪にダメージを与えないことやダメージケアが重要
ということですね。
そうは言っても、梅雨の時期をむかえるまでに、気候条件によって
髪は知らず知らずに多くのダメージを受けています。

冬の間は乾燥が続き、春から急激に湿度が上昇、
5月以降は強い紫外線に、さらされます。
髪にとっては厳しい時期です。早めのUVケアを始めましょう。

 

ボサボサ頭を解消するにはどうしたらいいの?その方法とは?

tuyu2

「もともとストレートヘアなのに、髪がこの時期上手くまとまらない」という人は
髪の毛が傷んでいることが原因。
日々のダメージを最小限に抑えながら過ごす必要があります。

シャンプーの後は美容液などをつけて乾かしましょう。
寝る時も、髪を下にせず、髪は全て上にあげて寝ると
癖がつきにくい
です。

当然ドライヤーの使い方にも注意が必要です。
何もつけずに、乾かすのは髪を傷めますので
ドライヤーの熱から髪を守るために
スプレーやオイルを使いましょう。

傷みが激しい時は思い切って髪を切ることもありアリ…
かもしれませんね。(ちょっと勇気が必要ですが・・・)

スポンサーリンク

梅雨の時期はどんなヘアケア商品を使えばいいの?

tuyu3

梅雨の時期、髪のうねりやまとまりに困ったことのある女性は
60%以上(もっといそうですが)と言われています。

そんな時、どんな方法で乗り切っているのでしょうか?
・髪がパサつく時はスプレータイプの化粧水をかける。
・ヘアオイルを多めに使う。
・トリートメントを入念に行う
・ヘアアイロンをしっかり使う。
・寝る前に完全に髪を乾かす。

髪のダメージが強いと感じたら、シャンプーを変えることもお勧めです。
洗浄力が強いと髪や頭皮にとって大切な皮脂まで洗い流してしまい
乾燥の原因になります。

ヘアクリームやヘヤオイルをしっかり使って
ドライヤーから守る
ことも大切ですね。

セットができたら、長持ちさせるために
ヘアワックスやスプレーなどでスタイリングキープし、
早めに崩れてしまいそうな人は、
会社などにヘアアイロンを置いておくと便利です。

多くの方が苦労しながら、梅雨の時期を乗り越えているんですね。
この時期のうねりや髪の毛の広がりは、
事前に対策をしっかりしておけば
意外と回避できるものもありそうです。
行きつけの美容院などで事前に相談してしっかりとした対策をしましょう。

 

最後に

tuyu4

我々男性にはあまり経験のない梅雨の時期のうねりや髪の広がり・・・。
(最近の若い男子はあるのかもしれませんが・・)

女性にとっては避けては通れない大問題。
たしかに男性目線で見てもボサボサだったり、
いつも決まっている人がイマイチな感じなっているのは
ちゃんと気づいてしまいます。(意外と見てるもんです)

そんな時期だからこそ、バッチリ決まっている髪型の女性は
より素敵に見えるかもしれません。

くせ毛で一年じゅう悩んでいる人もたくさんいそうですが、
日々、美を追求している女子のみなさんにとっては、
早く過ぎてほしい時期ではないでしょうか?

早めの対策で梅雨の時期もオシャレにのりきりましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ