2016年 東海の梅雨入り&梅雨明けの大予想!平年の降水量は?

ようやく気温も暖かくなってきましたね。

春を感じられる季節ですが、あっという間に梅雨 がやってきます。
0

梅雨とは、春から夏にかけて日照時間が少なくなり、雨が降る日数が多くなる時期
のことをいいます。
最近、問題にもなっている集中豪雨やゲリラ豪雨の被害が出ることも多いのがこの時期です。

こういった自然災害のおそれのある梅雨は、
いつ始まるのか知っておくと、万が一の避難用の備蓄の準備もできますよね。

今回は、静岡県、岐阜県、三重県、愛知県の4県をふくむ
東海地方の梅雨入りと梅雨明け

を予想してみました!

スポンサーリンク

2016年東海の梅雨入り予想!

1

毎年やってくる梅雨ですが、気象庁の過去のデータをもとに
2016年の梅雨入りを予想していきます!

ちなみに、梅雨入りの定義としては
日照時間が少ない時期へ移り変わりの期間が5日間ほどあり、その真ん中の日
梅雨入り日としているそうです。
覚えておいてくださいね(^O^)

過去65年間のデータで、いちばん早い梅雨入り日が1963年の5月4日頃で、
いちばん遅い梅雨入りは1951年の6月28日頃でした。

また、その期間内で梅雨入りの平均は6月5日ごろ
ということです。
去年2015年の梅雨入りが6月3日
一昨年2014年が6月4日といったことを考えると、
今年2016年の梅雨入りは5月末から6月初旬であると予想されます。

 

2016年東海の梅雨明け予想!

22

さきほど予測した梅雨入り同様、過去のデータを参考にして梅雨明けも予測していきます!
梅雨明けの定義とは、中期予報で晴れが続くと予報をしてから最初に晴れ始めた日
を梅雨明けとしています。

過去65年間のデータでは、いちばん早い梅雨明けは1963年の6月22日頃で、
いちばん遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。

データによると、東海地方の梅雨明けは年々遅くなってきている傾向があります。
そして梅雨入りも早まってきているので
東海地方の梅雨はだんだん長期化しているようです。

また、東海地方の梅雨明けの平均は7月20日ごろということです。
その点から予想してみると、
今年2016年の東海地方の梅雨明けは7月中旬から7月下旬くらいになりそうです。

東海地方は、1961年と1974年に梅雨の影響で記録的な大雨となり、
被害をもたらしたようです。
もともと、東海地方は台風の通過場所となることも多く、
山岳地帯では冬になると大雪が降ることからも
気候の変動は激しい
ようです。

梅雨の時期、川沿いにお住みの方は、河川の氾濫にお気をつけください!

スポンサーリンク

2016年東海の平年の降水量!

3

去年2015年は降水量が多かった東海地方ですが、
今年2016年についてはどうでしょうか?

まずは、過去5年の東海地方の降水量をみてみましょう。
2011年は、103%、2012年は102%、2013年は68%、2014年は60%、2015年は135%でした。

去年は低気圧の影響をうけ、各地で記録的な豪雨にもみまわれました。
今年も、去年に引き続き大雨への警戒をしておきましょう。

昨今は、エルニーニョ現象によって
梅雨が長引いたり、梅雨が明けても大雨が降ることが多くなっていますので
油断は禁物です。

 

最後に

4

ここまで、2016年の東海地方の梅雨入りと梅雨明けについて
予想をお伝えしてきました。

毎年じめじめっとした空気で気持ちさえ落ち込みがちな梅雨。
田畑には恵みの雨となる梅雨ですが、
雨による自然災害への対策や備蓄も準備しておきたいです。

天気は変わりやすいため、実際に梅雨入りしてから
状況も変わる場合も多いです。
そのため、こまめに気象庁のホームページや天気予報を確認しましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ