骨盤底筋を鍛えるとどんな効果があるの?!鍛える方法を伝授ッ!

骨盤底筋を鍛えるとどんな効果があるの?!鍛える方法を伝授ッ!

骨盤底筋って聞いたことがありますか

その名の通り骨盤の底にあって、腎臓や子宮などの大事な器官を支える筋肉群のことで、肛門や尿道、膣などを支える大事な役割があります

デスクワークが多いと、どうしても骨盤底筋は緩みがち

そうなると女性の場合は失禁などの下半身のトラブルを招きますし、スタイルも崩れるし、いいことは1つもありません。

でも、見えない筋肉をどうやって鍛えたらいいの?
ここではそのための方法を伝授します!

スポンサーリンク

骨盤底筋の鍛えるとどんな効果があるの?

骨盤底筋は、腹筋、背筋、太ももの筋肉に直接つながっています
ここを鍛えるといいことずくめ!

ポッコリお腹やたるんだお尻も引き締まり姿勢もよくなり体幹を鍛えることにつながり自然にバストアップもして、魅力的なスタイルを手に入れることができます

また、ホルモンの状態も整うので、月経不順やPMSなどの婦人科系の不快も整ってきます
下半身のトラブルの解消にもなり、膣トレーニングにもなるので感度もアップ妊活中の人にも朗報です

dsafaやり方も簡単。

1日数回、肛門と、尿道や膣を締めては力を抜いて、というのを繰り返すだけでも十分な効果があります。
これなら通勤電車の中でもできちゃいます。

やらない手はないですよね。

 

骨盤底筋が強いって固いことじゃない?

骨盤底筋は、その名の通り筋肉です
腕や足の筋肉を考えてみてください。確かに力を入れるとガッチリ硬くなります。

でも、そもそも筋肉って何のためにあるのでしょう?

収縮と弛緩を程よく繰り返し、しなやかに身体を支えるのが役割ですよね。

骨盤底筋も同じこと。
必要なときにはガッチリと、柔らかく支える必要があるときはふんわり。ガチガチに固いことに意味があるのではなく、しなやかさがないと、本来の役割を果たすことはできません。

2

その時々に応じた動きができないことが、筋肉の衰えなのです。だから、強い骨盤底筋とは、固いということではないのです

スポンサーリンク

締めるだけじゃ強くならない?

そう考えると、固く固く締めることだけがトレーニングではありません

そう、上にも書きましたよね。
締めては力を抜く、その両方が大切

確かに筋肉が緩むと、締める力が低下するのは事実です。

でも、それだけ鍛えて緩めることをしないと、かえって骨盤底筋の調子は悪くなります。締めること、緩めること、この両方の動きを忘れてしまった状態が、「衰え」なんですよ。

 

しなやかな骨盤底筋をつくるには?

呼吸法と合わせてのトレーニングがオススメです。

締めるときにはゆっくり長く息を吐きましょう。
緩める時には自然に息を吸うようにして、身体を動かす感覚を味わいながら、のんびりトレーニングしてみましょう。

3

合わせて、トレーニング時には正しい姿勢を保って立つことを心がけましょう

お腹を引き締め骨盤を起こし肩を後ろに引き、壁に背中をつけたとき肩甲骨と腰の両方がつく姿勢が理想です。
これができている人はなかなかいません。

肛門や腟をきちんと引き締めて美しい姿勢を保つだけでも、かなりの運動だとわかるでしょう。正しい姿勢を保つだけでも、しなやかな骨盤底筋づくりのトレーニングになります。

 

最後に

下半身に全く力を入れずだらんとした姿勢は楽ですが、楽な分、身体は本来の役割を忘れて怠け、だらけきった状態になり、老化を招いてしまいます

オフィスワークばかりだから、と言い訳せず、小さなことから心がけていかないと、女性らしさをなくして悲惨なことに…

締めることと緩めること、両方の大切さをよく理解して、ちょっとした心がけで素敵なボディを手に入れてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ