花粉症予防に効果大ッ!?万能薬!マヌカハニーの秘密とは?

気温もあたたかくなり、春の訪れをかんじます
1
春といえば、花粉症の方にはツライ季節ですよね…。

スギ花粉症の日本人は4人に一人の割合で、全国で約3300万人もの人が悩んでいるそうです。
そんな鼻炎と目のかゆみに悩まされている方に朗報です。

ちまたで噂のスーパーフード、マヌカハニーが花粉症に効果があることをご存知ですか?

もともと、はちみつは体に良いもので、その効果から「医者要らずの万能薬」といわれています

その中でもマヌカハニは、ピロリ菌・ブドウ球菌・サルモネラ菌などのバクテリアに対する殺菌力が普通のはちみつの約8倍も強力だといわれています。これは注目されるのもわかります。

今回は花粉症に効くという、マヌカハニーの効果について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マヌカハニーって何?

2

名前は聞いたことあるけど、マヌカハニーって一体なに?と、どんなものか知らない方も多いでしょう。

マヌカハニーとは、ニュージーランドだけに生息している「マヌカの木」の花の蜜からつくられるハチミツです。

マヌカとはフトモモ科のハーブで、英語では「TeaTree」と呼ばれています。マヌカの名前の意味は、先住民の言葉の「復活の木」「癒しの木」などの意味があり、昔から薬としても利用されてきた歴史があります

マヌカの木は11月から約1ヶ月間だけ花を咲かせます。その花の蜜だけから作られたのがマヌカハニーです
とても貴重ですね

 

マヌカハニーが花粉症予防になるその正体とは?

3

マヌカハニーは花粉症の予防としても効果があるようです

その正体とは、マヌカハニー特有の成分メチルグリオキサールという物質にあります。

それは、ピロリ菌を除菌する力の他に、免疫力アップの効果もあり、マヌカハニーを摂取することによって、腸内の悪玉菌の活動の抑制から殺菌までを行うことが出来るんです。

腸内環境のバランスが良くなり、体質改善がされるので、花粉などのアレルギーに対して体が強くなっていきます。体質改善には、数回マヌカハニーを摂取しただけでは効果が出にくいので、日々、マヌカハニーを摂取しましょう。

摂るタイミングとしては、空腹時にティースプーン2-3杯を摂取するのがオススメです。
また、マヌカハニーの味に対して抵抗がある方は、コーヒー、紅茶などにや、料理の砂糖の代わりに使えますよ!

スポンサーリンク

マヌカハニーはインフルエンザ予防にもなる万能薬?!

4

花粉症にも効くマヌカハニーは、実はインフルエンザの予防にもなるそう!

毎年冬になると流行するインフルエンザですが、マヌカハニーにはMGOと呼ばれる「天然メチルグリオキサール」というものが含まれています。 この天然メチルグリオキサール(MGO)はその黄色ブドウ球菌などの細菌に対して強い抗菌活性を示します。

インフルエンザが人間の皮膚表面に存在している黄色ブドウ球菌などの細菌と混合感染という、この2種類以上の病原体に同時に感染する状態になってしまうと症状が重篤化する場合があります。

マヌカハニーに含まれる天然メチルグリオキサール(MGO)は強い抗ウイルス作用があることは学術的にも認められているほどですので、この抗菌力によりインフルエンザが重篤化しにくく、回復に向かいやすくなるということが実証されています。

また、マヌカハニーはこの天然メチルグリオキサール(MGO)の含有量によってお値段も高くなり、効果も大きく異なります風邪に効く含有量の目安はMGO250+以上で、インフルエンザにはMGO400+以上だと効き目が高いです。

 

最後に

5

マヌカハニーは、こんなにも万能なんですね!

自然のものですし、ちょっとお値段は張りますが、薬ではないので身体に優しいです。

さらにこれだけの効果があると嬉しいです。家に常備しておくのはもちろん、出かける際に1つ持ち歩くのもいいですね。

花粉症の予防として、小さいお子さんはもちろん、大人の方もマヌカハニーを摂っていただきたいです(^-^)

日本では最近知られるようになりましたが、海外ではすでに医療レベルの食品として取り上げられている国もあります
それほど万能なマヌカハニー、一度使うとそのパワーに魅了されること間違いなしです♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ