初心者が富士山の登山に挑戦ッ!事前に知っておくべき注意点!

一度は富士山に登ってみたいと思う人はたくさんいると思います。

富士山
最近では女性も富士山に登ったり、子供も富士山に登ったりしています。

ゆっくりと行けば頂上まで登れる山なのでしょうね。しかし、初心者だと本当に富士山に登れるのかどうか不安になりますよね。

初心者が富士山の登山に挑戦するために事前に知っておくべき注意点について説明しておきますね。

スポンサーリンク

初心者でも富士山に挑戦しても大丈夫?

富士山

富士山山小屋が開いている時期比較的安全だとされています。7月下旬8月上旬は比較的天気が安定している時期です。

また、富士宮ルート吉田ルート診療所が開設されます。初心者の人はこの時期に行ったらいかがでしょうか

富士山みんなが登っている山だから大丈夫だと初心者は考えがちですが、普段山に登ったことがない人が登ると思わぬハプニングがおきることがあります。足がつったり、足をくじいてしまったり、高山病になったりして富士登山を楽しめなくなります

日ごろ小高い山で練習しておくほうがよいでしょう。

いざ富士山に登るときは、一歩一歩自分のペースで登ればいいのです。足のはやい人はどんどん登って行ってしまいますが、つられて急いで登ろうとすると思わぬアクシデントに見舞われたりします。

自分のペースでゆっくりと登ってくださいね。

富士山の登山ルートの距離と難易度!

富士山

吉田ルート
【往復の距離】約14㎞
【所要時間】登り6時間10分/下り3時間10分

富士登山の中で最もポピュラーなルートです。富士スバルライン5合目が吉田ルートの登り口となります。早朝にはご来光を見ることができる初心者にはとても安心して登ることができるルートだと言えます。山小屋も多くあるので安心して登ることができますね。繁忙期には駐車場も混雑して人も大勢いますのですこし時期をずらしたほうがいいかもしれません。
富士宮ルート
【往復の距離】約8.5㎞
【所要時間】登り5時間半/下り3時間50分

吉田ルートにつづいて人気があるのがこのルートです。4つあるルートの中でも最も山頂までの距離が短いルートです。天気が良い時は駿河湾を見ることもできます。登りと下りが同じルートなので迷うことがないと思います。
須走ルート
【往復の距離】約13㎞
【所要時間】登り6時間50分/下り3時間20分

登る人が少なくゆっくりと静かに登りたい人にはお勧めのルートですが、下る時には急斜面の砂礫を下ることになるので初心者には不向きなコースだと言えるでしょう。
御殿場ルート
【往復の距離】約17.5㎞
【所要時間】登り8時間10分/下り4時間20分

全ルートの中で一番距離が長いのがこの御殿場ルートになります。1泊2日で山小屋に泊まることを考えたほうが良いでしょう。御殿場ルートは人が少なくて自分のペースで登ることができますし、御殿場ルートの醍醐味はとても長い「砂走り」です。初心者にはすこし難易度が高くなります。



スポンサーリンク

初心者におすすめの登山ルート!その理由!

富士山

一番初心者におすすめなのが吉田ルートです。

首都圏からのアクセスが便利で、山小屋も豊富です。初心者もよく登っているのであまりあぶない所がないので比較的登りやすいでしょう。

早朝のご来光を見たいというならこの吉田ルートを登ったらいかがでしょう。ただはやく行かないと駐車場がいっぱいになってしまいます。

人が多すぎると自分のペースもつかめなくなってしまうでしょう。できるだけ人の少ない時間帯を狙って登ったほうがいいでしょう。

登山初心者が事前に知っておくべき注意点!

富士山

まずは初心者向けの登山コースを選んでおきましょう。

食事をどこでとるのかも重要です。

登山用のザックを用意し登山靴ははきやすい物を用意しましょう。日帰り用のザックの中身には、ザックカバー、レインウエア、水筒、ヘッドランプ、コンパス、登山地図、腕時計、タオル、バンダナ、ロールペーパー、救急セット、健康保健証、登山計画書、ビニール袋、軍手、替えのシャツ、防寒着、帽子、食事(行動食、非常食、昼食)などをいれておきましょう。

登山用の洋服を用意することが大切です。特に速乾性の下着を着ているとあまり苦労することもなく登ることができるでしょう。

これらは山の道具を売っているお店ならいろいろとアドバイスしてくれます。

最後に

なんだか登れそうな気がしてきませんか?

まずは小高い山でトレーニングをしましょう。最初から富士山を登るというのは無謀です。何事も準備が必要です。

ザックの中にもいろいろなものを用意する必要がありそうですね。ザックの重さはできるだけ必要最小限にして登山靴良いものを持っていったほうがいいと思います。山に登る物を売っているお店ならいろいろな物を売っているしアドバイスもしてくれます。

1度でいいから富士山を登ってみたいと思う人は多いでしょう。

最初は安全なルートを通って山頂までチャレンジしましょう。

1回登ると富士山の魅力にとりつかれて何回も登りたくなるようです。


素敵な富士登山になることを祈っています。

スポンサーリンク

このページの先頭へ