ヨガの種類による違いとは?それぞれの効果と選び方ッ!!

ヨガの種類による違いとは?それぞれの効果と選び方ッ!!

ヨガは美容にも健康にもよいと聞きますよね。

ふと、始めでみようかな、と調べてみたら、あるわあるわ…
ホットヨガピラティス、その他よくわからないものも…
ヨガを始めるなら、の種類とその違いどんな効果があるか、きちんと知っておきましょう

ここではあなたに最適なヨガ教室の選び方を伝授します。

スポンサーリンク

ヨガとピラティスとストレッチ 違いから…。

そもそもヨガって何でしょう?

日本に初めて入ってきたのは1970年代ごろですが、その頃は世界的にヒッピームーブメントの時代で、若者がこぞってインドに行ったものでした。

ヨガはもともと仏教の経典にも「瑜伽業」として記述されている、宗教的な修行でした。
当時ヨガといえば、空を飛ぶためにお髭の仙人が修行している、普通の人ではできないようなアクロバティックなポーズのもので、決して健康体操ではなかったのです

それが80年代になって、心身を整える効果があり、アクロバティックなものだけではない、ということで、日本のカルチャーセンターなどでも教えられるようになりました。

身近に行えるようになりましたが、身体を通して心にも働きかけるという思想は持っているので、幾分スビリチュアルなところは残っています

同じようにアメリカにもヨガは伝えられ、講中するような様々な形に発展して日本にも輸入されています。

1

それに対しピラティスは、20世紀初頭にドイツ人女性によって始められた、身体調節法です。
リラックスや瞑想という視点はなく、肉体を鍛えることを目標としており、ヨガと全く発祥が異なります。

なお、よく混同されるものにストレッチがあります。身体を伸ばし筋肉の疲労をとることで、ストレッチ的な動きはヨガにもピラティスにも取り入れられています

 

ヨガの種類ってどれだけあるの?

ヨガにも、運動量を重視するものから瞑想を重視するものまで、思想的にもいろいろな違いがあります。

また米国流に独自の発想が加えられたものもたくさんありますので、種類を把握するだけでも困難なほどです。

本来のインドのヨガにはマントラヨガタントラヨガクンダリニーヨガなど、宗教思想と結びついた流派がたくさんあります。それぞれ教団の中で行われる修行の一つと考えればよいと思います。

その中で最も広く行われ、最近の多くの流派の源流となるのがハタヨガです。

アメリカで発展したパワーヨガホットヨガ、あるいはマタニティヨガなどもハタヨガの系譜になるので、まずはここを押さえておけば選ぶ基準になると思います。

スポンサーリンク

それぞれの違いと効果&選び方について!

ハタヨガは呼吸法を重視した、ヨガ本来の伝統を大切にするヨガです。

日本で行われている一般的なヨガは、明記されていなくてもほとんどがこの系列に属するものと言ってよいでしょう。

書籍を参考に自宅で行うのも容易です。

教室ごとにスビリチュアル度の違いとか、負荷の違いなどがありますので、習いに行く場合はきちんと見学し、納得してから通うことをお勧めします。

2.3

パワーヨガ運動量を重視し、ダイエット効果をより目指すもの。

ホットヨガ(ピクラムヨガ)はハタヨガを高温多湿の環境で行い、効果のアップを目指すもの。

マタニティヨガは、妊娠中の方に最適な、負担が少なく心身を整える効果があるもの。

これらもすべてハタヨガの系列ですが、それぞれに特徴があるので、ご自分にあった教室で行うことをお勧めします。
特にマタニティヨガは、自己流だと思わぬ事態につながることもありますので、母体の状態を考えつつ、必ず指導を受けて行ってくださいね。

 

最後に

ヨガといっても様々です。

アメリカからは、道具を使った新しいヨガが様々に輸入されてきますし、目移りしてしまうほどです。

ヨガの場合、単なる美容体操健康体操というのではなく、必ず心と身体にセットで向き合うことになります。ライフスタイルの根本的な変革まで考えるようになることも多いでしょう。

そこで宗教色が濃いもの、ほとんどないものと教室の雰囲気もさまざまなので、ご自分にあったものを選ぶとよいと思います

スポンサーリンク

このページの先頭へ