マイホーム購入なら今!?マイナス金利で住宅ローンが組みやすい!

マイホーム購入なら今!?マイナス金利で住宅ローンが組みやすい!

やはり憧れはマイホーム。やはり一生になかなかない買い物です。
キャッシュでポン、とはいかなくて、住宅ローンのお世話になる方が多いですよね。

ところで、巷で話題のマイナス金利って言葉。あれ、ローン、どうなるんだろう?
何年にも渡る支払いになるわけですがら、気になります

ここでは、そんな疑問について考えていきましょう。

スポンサーリンク

マイナス金利って何?

2016年2月、日銀が初のマイナス金利を発表し、話題になりました。

今までは銀行に預金をした分、利子がつきました。しかし、マイナス金利では、預金した分、利子が差し引かれて目減りすることになります

え、銀行にお金を預けたら減っちゃうの?!

いえいえ、このマイナス金利は、あくまでも日銀と一般の金融機関との間の話です。

金融機関が日銀に預金した場合、金利分が差し引かれるのです。つまり、一種の保管手数料のようなものですね

そうなると、お金を日銀で保管するよりほかの投資に回したほうが、金融機関としては得になります。そうして市中にたくさんのお金が出回り、経済を活性化させようというのが日銀の目的です。

1

私たちの預金の金利そのものには変わりがないとはいえ、口座維持手数料の導入が検討されたりと、全く生活に全く影響がないわけではありません

もう一つ見逃せないのが、預金に対する金利の引き下げが予想されること。
現在でも普通預金への利子はほぼゼロといっていい状態です。

しかし、これが、ことローンを組むことに関しては有利に働くのです。

スポンサーリンク

今マイホーム購入ならどのくらいお得なのか?

マイナス金利が発表されてすぐ、ソニー銀行や住信SBIネット銀行などが、3月からの住宅ローン金利の値下げを発表したり、借り換えキャンペーンの継続を発表しました。

その後、メガバンクも同様な動きを見せています。
現在の、ほぼゼロ金利といっていい、驚くほどの低金利はやはり見逃せません

固定金利であれば、条件次第ですが完済まで同じ金利が適用されますが、さらに金利が下がることを期待しての変動金利が人気を集めています

2

簡単な概算ですが、3,000万円を固定金利1パーセント、元利均等35年ローン(ボーナス支払いなし)で借りた場合の総支払額は、ほぼ3,556万円。同じ条件で金利0.5パーセントの場合の総支払額は3,270万円。

たった0.5パーセントの際で、一年当たりの支払額が10万円も変わってくるのです

スポンサーリンク

マイナス金利がもたらす住宅ローンのメリットとは?

上に述べたように、とにかく支払額が抑えられるというのが最大のメリットです。

もちろんローンには手数料や保証料など、それ以外に必要な費用がありますので、すでにローン返済が進んでいる方が借り換えを検討する場合は、総合的に考えてどちらが得か、判断してくださいね。

3

また、このメリットのために、ローン希望者が、借り換えを含め殺到すると予想されます。

ローンには審査がありますし、決定までに時間がかかることもあります。いまのマイナス金利の波を逃さないよう、例えば複数の金融機関にローン申し込みをしておくなど、賢い対応がおすすめです。

 

最後に

未曾有の低金利を生かして、ローンを組むなら今です。

しかし、住宅は生活の場であり、人生の長い時間を過ごす場所です。

ローンの金利だけに踊らされず、ここぞという物件を、まずは探してください。

そうでないと、のちのち意に染まない住み替えを余儀なくされたりと、かえって後悔することになるかも知れませんよ。

スポンサーリンク

このページの先頭へ