眠くもないのにあくびが止まらない原因とは?病気のサインか?

なんで眠くもなのにあくびが出るんだろう??
昨日は早く寝たはずなのに、、、、と心配になることはありませんか??
1
ましてや、仕事中にあくびなんてしたら、叱られてしまいますので(汗)
仕事のやる気が無いと思われるのも嫌ですし、、、。

そのあくびの原因を突き止めませんか?!

スポンサーリンク

そもそもあくびとは?

あくびが出る要因は、現時点では、まだきちんとは解明されておりません
しかし、要因として考えられる説としては、様々に考えられているようです。

例えば、眠くなって酸素が脳に足りていないとき退屈な時に思わず出てしまうとき、なぜか、他人のあくびをしている姿を見てあくびが移って自分もあくびをしてしまうとき(これは共感説と言って、親しい人のあくびを見た、あくびという言葉を目にした時などに見られることがある)。等です。でも、この説明を書いている間、家族があくびする顔を見て、移らなかったのが不思議でした。

一種の脳のコントロール作用が自身に効いたのでしょうか?

あくびは、脳がリラックスしたいときに私はよくでますが、皆さんはいかがでしょうか?

 

眠くもないのに出るあくびの原因として考えられること

2

人間が、眠い時に出るあくびではなく、身体が極度に疲れてしまった・・・そんなときにあくびは出ます。
身体の神経物質が「体が疲れてるから休ませてー」と、訴えているのです。
脳に、シグナルを送るんです。
そして、注意が必要なのでは、あくびがでまくってしまう方です。
何故ならそれは、病気の前に出る兆候かもしれないからです。

その他にも、睡眠時無呼吸症候群が考えられます。
これは、睡眠時に、無呼吸(10秒以上呼吸が止まること)が、1時間に5回以上、または7時間以上の睡眠に30回以上とまる事で、発生する病気です。心配がおありの方でしたら、ご家族や、同居しらっしゃる方に、きちんと呼吸が出来ているのかを調べてもらうのが良いでしょう

スポンサーリンク

こんなあくびには注意が必要デス!

通常のあくびは、大きく息を吸って、二酸化炭素を体外に吐き出します
そして、取り込んだ酸素で脳に酸素がまわり、脳が活動する働きがあるのです。

では、普通のあくびとは違う注意が必要なあくびというのはどんなものがあるのかをご説明致します。

それは、生あくびといわれるものです。

普通のあくびよりも、あくびの出る頻度が多いなぁというのがこの生あくびの正体です。

普通のあくびが上記の活動だとして、生あくびの活動はまったく違うのものです。
何故なら、「低酸素状態」という、怖い影が隠れているからです。
この状態に陥ると、脳梗塞」や「心筋梗塞」といった、血管の病気の可能性があります。血管が狭くなったり、収縮してしまうと、脳に十分に酸素が運ばれなくなってしまいます

それで、酸素が十分に脳に行き届かなくなり、生あくびの原因になってしまいます。身体が酸素を欲しがり、生あくびが発生してしまうのです。

「それじゃあ、生あくびの対処法はあるの?」という疑問を持つ方に、お教え致します。

対処法として一番に挙げられるのは、休憩することです

仕事や家事、勉強などの合間で、10分ほどリラックスすることを心掛けてください。10分休んだだけでも効果が得られます(軽い睡眠も効果あり)。
それから、緊張をほぐすために、軽いストレッチを行いましょう。
身体を動かすと、血液の流れを良くしますよね?
そうしてあげると、脳にも酸素が行き届きやすくなり、生あくびも止まります。

そして、生あくびの全兆として頭痛が起こる方がいらっしゃいますが、そういう方は、一度コーヒーを飲んで血管を収縮させてあげてください。
お薬を飲むよりも、コーヒー1杯を先に飲んで様子をみてください。

3

以上が、生あくびについての対処法です。是非、実践して健康な状態に身体を戻してあげましょうね。

 

病気のサイン?!

病気のサインとして考えられること、それはあくびがとまらないことです。

その結果、糖尿病貧血睡眠障害低酸素血症狭心症自律神経失調症など、じつに様々な病気になってしまう恐れがあります。

もし、あくびが日常的に頻繁に起こるようであれば、一度病院でお医者さんの診断を受ける必要がありますので、あくびに意識して生活なさってみてください。

4

最後に

あくびについて色々触れましたが、私自身も生あくびの怖さや、あくびが止まらないことがこんなに恐ろしい・・とは思ってもいませんでした。

しかしキチんとした休息は、誰にでも必要だし、現代人は特に疲れています

どうか、皆さんには、肩に力を入れすぎないよう、リラックスしてよく目にするスマホやPCを利用してほしいです。
それが病気予防にも繋がりますよ。

呼吸を意識した生活に切り替えて健康な身体で日常を送りたいものですね

スポンサーリンク

このページの先頭へ