富士山!登山が可能な時期は?いつからいつまで?

みんなが大好きな富士山。最近は登る人も多くなってきましたね。

見ていても楽しいけれども登ってご来光を見たいという人も多いのではないでしょうか?

そんな富士山いつからいつまで登れるのでしょうか?

スポンサーリンク

富士登山が可能な時期は?いつからいつまで?

富士山

富士山入山規制をしていませんので一年中登ることができますが、夏の間以外は小屋は営業していません。

富士登山のシーズンは7月1日から8月26日までです。特に7月下旬から8月中旬にかけて登山客が集中します。

お山じまいを過ぎると山小屋が次々と終了していきます。

富士登山がおすすめの時期は?

富士山

7月下旬(7月20日)から9月上旬になります。

7月の梅雨が終わってからがベストシーズンだと言うことができます。せっかくの富士登山。きれいに晴れている時に登りたいものですね。

最近では日本人だけでなく外国人の登山客も多くなりました。富士山はとても有名な山となっているということですね。ケガのないようにゆっくりと登りましょうね。

スポンサーリンク

山小屋の営業時期は?いつ閉鎖?

山小屋の営業時期はまちまちです。4月から11月のところが多いでしょう。

富士山は人気が高いので日程が決まっている人は早め宿泊の予約をいれておくといいでしょう。

絶対に山小屋が開いているのはベストシーズン7月の下旬から9月上旬にかけてです。でもこの時期は宿泊者も多く、はやめに電話で予約をいれておかないと泊まれないということもでてきてしまいます。

ぜひ予約して宿泊の確保をしてください。

冬の富士登山は危険?!

富士山

は体がでふきとばされたり滑落することも多くあります。雪崩も多く危険です。
1月~2月富士山七大大陸最高峰(マッキンリー、キリマンジャロ)の夏の気候が安定した時期より難しいかおなじぐらいです。

冬の富士山天候コロコロ変わります。ベテランでも危ないと言えるでしょう。まして初心者では登ることが困難でしょう。

山小屋閉鎖してしまうので救助も困難だと思います。

冬山へはできるだけ登らないほうがよいでしょう。

最後に

富士登山、最近人気がありますね。日本人だけでなく外国人もたくさん登る人がいます。

装備をきちんとして、危なくないように一歩ずつ登りたいものですよね。普通の山を登ったことがない人は普通の小さな山を何回か登ってから挑戦したほうがいいでしょう。

富士山の上のほうの酸素はとても薄いです。高山病にかかったりしてとてもあぶないことが多いです。
高山病とは酸素がだんだん薄くなり、酸欠の状態になり、頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、手足のむくみなどの症状がでてきます。

そういったときは無理をしないで下山するようにしましょう。あとすこしだからといって無理をすると症状が悪化します。今度また来ようと思って下山したほうが無難です。

富士山に登る時には他の山でトレーニングを積んでから登るようにしましょう。

富士山を見るだけでもとても幸せな気分になれます。富士山の回りをドライブするのはいかがでしょうか。足腰がもうだいぶ悪くなって富士山登れないという人もいるでしょう。ドライブするだけでも充分に楽しめますよ。

特にダイヤモンドダストの時期は本格的に写真を撮る人で有名スポットはいっぱいになります。
テレビだけでなく実際にみたいと思いませんか?とてもきれいで記念に残ることでしょう。


いい富士登山や富士山の見方となることを願っています。

スポンサーリンク

このページの先頭へ