亜鉛の過剰摂取・取りすぎによる病気への危険性!?副作用に注意!

今やサプリメントで手軽に摂れるようになった亜鉛
その効果は精子の活性化育毛促進に効果があると言われています。
男性にとっては是非摂取しておきたいメリットが沢山ありますよね!

こういった栄養素は、摂取すればするほど良いのかな?と疑問に思いますが、
実は亜鉛は過剰摂取をしてしまうと身体に悪影響も引き起こす場合があるのです。

aaa

毎日何気なくサプリメントを飲んでいた方、きちんと摂取量を守っていますか?

男性にとっては大切な効果がある亜鉛ですが、
多く摂ってもその分効果が出るわけではありません。

今回は、亜鉛の1日の摂取量過剰摂取をするとどうなってしまうのか?調べてみました。

亜鉛のサプリメントを飲んでいる方は必見です。

スポンサーリンク

亜鉛を多く含む食材とは?

ssss

亜鉛は身近な食材にも含まれています。

海産物ですと海のミルクとも呼ばれる牡蠣や、あさりに含まれています。
これは有名ですよね!

他にはレバーにも鉄分以外に亜鉛も含まれています。
女性の貧血にももちろんですが、
亜鉛が入っているので男性にもオススメですね。

他には、ヘルシーな大豆食品にも含まれていますので、
豆腐納豆を食べることでも摂取出来ます。

様々な食物で亜鉛は摂取ができますが、
吸収率が非常に悪く、70%以上が体外へ排出されてしまうのです…。

ですので、上記の食物を単純に摂れば問題ないとではないということです。
なんだか悲しいですね(–;)

そこで最近はサプリメントで摂取するという方法が一般的です。
サプリメントですと効率的に亜鉛を摂取できるので、
食材を選んだり、沢山食べたりする必要がないので簡単ですよね(*^_^*)

 

1日に適した摂取量は?

ddddd

では、亜鉛は1日にどのくらい摂るといいのでしょうか?

亜鉛の推奨量は成人男性で12mg/日成人女性では9mg/日とされています。
妊婦はこれに+2mg、授乳婦は+3mgを付加します。

これは最も亜鉛を多く含む牡蠣が5個で10mgほどですので、案外多くはない値ですね。

ですが、最近はインスタント食品など加工食品で食事を摂ることが増えたり、
ダイエットなど不規則な食事が増えたため、

成人の場合、男性で平均8.9mg/日、女性で平均7.3mg/日と亜鉛の摂取量が不足しています。

また、亜鉛はストレスやお酒によっても消費量が増えるんです。
普段からバランスの良い食事をきっちりと食べていても、
ストレスやお酒、なるべく摂らないように
心掛けることが亜鉛不足になりにくいポイントです。

スポンサーリンク

過剰摂取・取りすぎによる病気への危険性?!

fffff

比較的毒性の低いミネラルの亜鉛は、過剰摂取等をしても、
体内に多くなると余分な亜鉛は便や尿から排出されます。

逆に不足すると腸での吸収率を上げて
体内に取り込もうとする仕組みが身体にあります。
こういった身体の働きによって、亜鉛の量は体内で常に調整されているので、
通常だと副作用が起こりにくくなっているのです。

ですが、サプリメントを長期間に渡って過剰摂取した場合
副作用が起こるリスクが高くなります。

毎日飲んでいるサプリメント、ちゃんと摂取量は守っていますか?

 

過剰摂取・取りすぎによる副作用の症状とは?

ggggg

亜鉛をサプリメントによって長期間過剰摂取した場合、
頭痛や発熱、嘔吐、倦怠感や腎臓障害などがあります。

また、長期の摂取では腸での銅の吸収率が低下するという副作用です。

銅も身体に必要なミネラルですので、
不足すると髪の毛や肌の脱色、貧血、骨がもろくなるという欠乏症
になりうる可能性も。

身体のために多く摂っていた亜鉛が、実は毒にもなるなんて怖いですね…。

そして、亜鉛を摂り過ぎると逆に免疫力を低下させてしまう恐れもあります。

サプリメントで摂取することはとても簡単ですが、
亜鉛を一時的に大量に摂取すると、急性中毒の危険性がありますので、
摂り方には注意しましょう。

 

最後に

hhhhh

身体にとってメリットのある亜鉛
ストレスや飲酒によっても消費量も増えてしまうので、
どうしても効果を期待して多めに摂取してしまいがちですが、
こんな副作用もあるなんて知りませんでした。

知らずのうちに続けていたら、身体を壊してしまう恐れもあったんですね。
これからは、サプリメントのパッケージに表示されている摂取量を確認し、
普段の食生活を基本に摂取量を守りましょう。

そして亜鉛の消費を防ぐためにも、
ストレスを解消したり飲酒量を減らす努力もしていきましょう!

スポンサーリンク

このページの先頭へ