父の日!2016年、今年はいつ?なぜその日なの? 父の日の由来は?

今年もそろそろ父の日が近づいてきました。みなさん、お父さんに何かされる予定はありますか?毎年母の日のあとにあるため、少し陰がうすくて忘れがちな父の日ですが、お父さんもきっとこの日を楽しみにしているはず。今年の父の日はいつになるのか気になります。

父の日

ただお父さんにプレゼントを渡していたわる日、というだけではありません。父の日にはちゃんとした由来があります。この由来について知っておくと、お父さんとの話のタネにもなりますし、お子さんに向けて話を聞かせてあげられる豆知識となります。

今回は、父の日について理解を深めていきましょう!

スポンサーリンク

父の日!2016年、今年はいつ?

父の日

母の日が終わってちょっと一息!と思ったらすぐにやってくる父の日。お子さんたちもゆっくりしてられません。

今年2016年の父の日は6月19日の日曜日です!

父の日というのは毎年ランダムに決められるわけじゃないんです。父の日は、昔から決まっており、毎年6月のカレンダーの3回目の日曜日と覚えてください♪

なぜ6月の第3日曜日なの?

父の日

なんで毎年同じ6月の第3日曜日なのか?

その由来は1966年までさかのぼります。アメリカ、ワシントン州に住むソノラ・スマート・ドッドさんという女性は、幼いころ母親を亡くしてから、父親に育てられたそうです。南北戦争のあと、決して今のように豊かではなかったアメリカで、父親が一人で育て上げた6人の子供たちの末っ子がソノラさんです。そんな境遇から母の日が出来たと知った後に、同じく父親にも感謝する日があったら…という彼女の要望が教会の牧師へ届き、そこから父の日が生まれたそうです。なんと素敵なお話ですね(T_T)そのあと、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソン6月の第3日曜日を正式に「父の日」と制定したそうです。

こんな経緯があったなんて知りませんでした。

スポンサーリンク

父の日が始まった由来は?

父の日

父の日の由来としては、上記にあるように父親思いの女性の要望から生まれました。そんな父の日が日本で広まり始めたのは、1950年(昭和25)年頃からです。当時は、まだまだ認知度は低く恒例行事として知れわたったのは1980年代になってからです。

その一因としてデパートなど小売業での販売戦略の一つとして父の日をイベント化したことが広く日本に広まったきっかけといわれています。

いまや、父の日の前になるのデパートや近くのコンビニまで父の日ギフトをよく見かけるようになりましたね。

父の日にしてあげたいことベスト5!

父の日

普段の生活だと、照れくさくてお父さんへ感謝の気持ちを伝えることを忘れがちですよね。そんなとき父の日にお父さんにしてあげたいことを考えてみました。

父の日にしてあげたいことベスト5!

  1. 一緒に過ごす

  2. 洋服をプレゼント

  3. お酒をプレゼント

  4. 手料理をふるまう

  5. 外食をごちそうする

1位は、一緒に過ごす時間ということで、家を留守がちなお父さんとの時間を大切にしたいという気持ちが表れています。時間こそ、目には見えませんがかけがえのないものですね。

そして、2位はつい服装に無頓着になりがちなお父さんへ洋服をプレゼントということです。また、毎日身につけるワイシャツやネクタイ、靴下はどなたにも喜ばれます。

3位はお酒好きのお父さんにはたまらないプレゼントですよね。一緒に晩酌をするとなお楽しいです。

最後に5位の外食をごちそうする、というのはたまにはお父さんの好きなものを食べてもらおうという気持ちがこもっています。

最後に

父の日

いつも仕事で夜遅くに帰ってきたり、休みの日も寝てばかり…そんなお父さんでもしっかりと家族のことも考えています。

父の日は、そんなお父さんとの時間をいつも以上に大切に過ごしてあげてください。かけがえのない家族からの気持ちがあればプレゼントもいらないくらい嬉しいでしょう。

父の日を迎える前に、改めて育ててくれている父へ感謝しましょう。父の日以外でも、仕事から帰ってきたら「おかえり」「お疲れさま」の言葉だけでもお父さんの疲れがふっとびます♪

これを機にお父さんとの関わりを持ってみてください。新たな一面が見れるかもしれません。

スポンサーリンク

このページの先頭へ