2016年 関西の梅雨入り&梅雨明けの大予想!平年の降水量は?

今年もやってくる、うっとうしい梅雨の季節
洗濯ものも乾きにくいし、湿気で髪も広がっちゃう…。

関西はいつごろから梅雨入り梅雨明けするのか気になります。そこで、過去のデータを元に2016年の関西の梅雨入りと梅雨明けの予想を立てました!

梅雨

ちなみに梅雨入りの定義とは、天気の良い日が続いたのち、比較的雨が多くて日照時間が少ない時期までの移り変わりの時期との真ん中の日「梅雨入り」としているようです。反対に、雨が続いたのち、晴れが続くと予報をして最初に晴れ始めた日「梅雨明け」としています。

また、「梅雨入り」の発表は、季節のお知らせとともに大雨が降りやすい時期になるといった防災情報の意味合いもあります。西日本では梅雨入りが発表されたのちに大雨に見舞われる地域もあります。被害を最小限に抑えるため、近所の雨どいや側溝の掃除、いざという時の避難所・避難経路の確認など、今一度雨への備えを確かめておきましょう。

スポンサーリンク

2016年関西の梅雨入り予想!

梅雨

それでは気になる今年の関西の梅雨入り時期の予想をしていきます。

1951年から2015年まで65年間の関西の梅雨入りデータを調べてみると、最も早い梅雨入りは1956年と2011年の5月末頃で、最も遅い梅雨入りは1958年の6月末ごろでした。
データによると梅雨入りの平均は6月4日ごろで、年々梅雨入りの時期が早まっている傾向があります。
また、昨年(2015年)の梅雨入りが6月3日ごろでした。

そういったことを考えると、今年の関西の梅雨入り5月末頃から6月8日頃となりそうですね。

2016年関西の梅雨明け予想

梅雨

また、梅雨入りと同じく気になるのは梅雨明けの時期。

先ほどと同様に過去のデータで考えてみると、最も早い梅雨明けは1978年の7月初旬頃最も遅い梅雨明けは2009年の8月初旬頃でした。8月まで梅雨が続くのはツライですよね…。
過去65年間の関西地方の梅雨明けの平均は、7月20日頃です。また、梅雨明けにおいても時期が遅くなっている傾向にあり、梅雨入りの時期も早まっていることで関西地方の梅雨は長期化してきているといえます。昨年(2015年)の梅雨明けは7月24日ごろでした。

それを踏まえて考えると2016年の関西・近畿地方の梅雨明け7月16日頃から7月末頃となりそうです。

スポンサーリンク

2016年関西の平年の降水量!

梅雨

昨年2015年の3ヶ月予報によると梅雨時の降水量は、平年より低い〜平均並みとなっています。
また平年に比べて曇りや雨の日が少ないとの予想も出ている事をふまえると、今年2016年の関西の降水量少ないと個人的に予想しています。

しかし、梅雨時期の雨量は決して少ないわけではなく、局所的に降るおそれがあると言われています。

最後に

梅雨

ジメジメとした梅雨が長く続くのは気持ちも滅入ってしまいますね。家の中でも、湿気でカビが生えやすい時期ですのでお掃除もこまめに行いましょう。そして家族でお出かけをするのも、水族館や博物館など室内の施設に行くなど工夫が必要です。

梅雨は、大雨による災害の発生しやすい時期です。また、梅雨明け後の夏に必要な農業用の水を蓄える重要な時期でもあります。梅雨は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高いことがらです。

気象庁でも、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表していますのでホームページを確認するといいですね。

また、梅雨のあとに本格的な夏がやってきますので、それまでに体調も整えておきましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ