朝に最適な洗顔で美肌に変身?水だけや洗顔しないなんてダメ?!

起きて、まず何をしますか?

うーんと伸びをして、眠い目をこすって、眠け覚ましに顔を洗う、そんな方が多いのではないでしょうか。

朝の洗顔
何となく無意識に行っている朝の洗顔。でも実はやり方は人それぞれ。最近、水だけ洗顔とかよく聞きますよね。そもそも朝の洗顔もしない、という芸能人もいるとか。

いったいどのやり方が正解なの?って迷ってしまいませんか?
ここでは、美しい肌をつくる朝の習慣について考えてみましょう。

スポンサーリンク

朝に洗顔しない人・芸能人がいるって噂が?朝に洗顔しないのってダメ?あり?

朝の洗顔

そもそも、洗顔って何のためにするのでしょう?そう、大事な肌についた余分なものを落とすため。

だから、夜、うっかりお化粧を落とすのを忘れて寝てしまうと、朝起きてとても後悔することになってしまいます。前日の崩れたお化粧や汚れがバッチリ残ったままで、お肌へのダメージも大

それに、一度肌をクリーンにすることで、必要とするうるおいや栄養が届きやすくなります。だから、お手入れ前にはまず洗顔、なのです。

朝、まず顔を洗うことで気分スッキリ! という効果ももちろんありますね。

でも、人によって、洗顔によって落とすべきもの、残した方がいいものが違うことも事実。
脂性の肌の方は過剰に分泌された皮脂をなるべく落とした方がコンディションがよくなりますし、乾燥肌の方が皮脂を取り過ぎるとバリアしてくれるものがなくなり、ますますカラカラに乾いてしまうことに。

肌の個性によって洗顔に求めるものは変わってくるので、何が正解とは一概に言えないのです。

朝に水だけで洗顔するのってダメ?あり?

朝の洗顔

夜の洗顔が不必要と考える方はたぶんいらっしゃらないでしょう。スキンケア機能を備えたものが増えてきたとはいえ、化粧品には色素など、本来人体に置いたままにしておくのが適当とは言えない成分が含まれています。

人と会ったり仕事のときにはどうしても必要でも、不要なときにはお化粧はオフしておくのがやはり肌の健康によいのです。

また、顔の皮膚も日々新しく生まれ変わりますから、毎日お風呂に入るのと同じことで、垢落としが大事。そうしてきれいに洗い、十分な潤い補給をして、ぐっすり眠って、そして朝を迎えたときの状態は、夜の洗顔前とは少し違いますよね。

寝具はホコリを出しやすいですし、皮脂汚れも生じますから、目覚めたあとに何らかの洗顔はした方がやはりよいでしょう。ただ、バッチリ洗顔料を使ってスッキリ汚れを落とした方がいいか、というと、これはケースバイケース。だから、朝の水だけ洗顔がNGとは、一概に言えないのです。

スポンサーリンク

人によって最適な方法は異なる?!タイプ別の最適な洗顔方法を紹介!

朝の洗顔

もちろん、朝の水だけ洗顔が誰にとってもよいとは言えません。そう、お肌によって、求められる朝の洗顔は変わってきます。

新陳代謝がよく、皮脂の分泌も多い、という方は、やはりきちんと洗顔料を使うほうがよいでしょう。成長ホルモンは就寝中に最も分泌されますので、寝ている間に生じる皮脂汚れはかなりのもの。起きてからきちんと落とさないとトラブルのもととなってしまいます。

しかし、反対に、肌が乾燥して粉をふいてしまうような方は、皮脂の取り過ぎに注意が必要です。洗顔料を使うことで大事な潤いまで奪ってしまっては逆効果です。水だけ洗顔がもしかしたらフィットするかも知れません。

ただ、油性が強い保湿クリームなどを寝る前に使う方は、起きたときに肌の上で酸化していることも考慮して、洗顔料を用いて1度オフすることをおすすめします。もちろん、そのあとできちんと潤いを補ってくださいね。

このように考えると、朝と晩で洗顔料を変えるというのは賢いといえます。朝は洗浄力が弱めのもの、夜はクレンジングと併用してしっかり落とせるものと、ご自分の肌と相談して、最適なものを選びましょう。

水だけ洗顔はその延長線上の選択肢水だけで落とせる汚れだけで充分、という肌の方なら、それでよいということです。水よりお湯のほうが皮脂を落とす力は強いので、合わせて試してみる価値があるでしょう。

最後に

人それぞれにお肌も違います。年齢を重ねることで肌質が変わることもあります。

有名人がやっている、というだけで鵜呑みにせず、そのときどきのお肌の状況に合わせて、自分自身と相談する感覚で、一番あった方法を工夫して探してみてくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ