年代別!母の日のプレゼントにかける予算・値段を調査しました!

5月といえば、母の日ですよねッ!毎年、5月の第2日曜日にあります。

母の日
母の日は、お母さんに日頃の感謝の気持ちを伝える大切な日(*^^*)

お母さんに何かプレゼントをしてあげたいと考えているそこのあなた☆
予算値段に悩んでいませんか??

そこで、母の日のプレゼントにかける予算と値段について調査しました!
それぞれの年代にわけてご説明させていただきますので、是非ご覧ください♪

スポンサーリンク

幼稚園児・保育園児編

母の日

幼稚園や保育園に通う小さなお子様は、母の日のプレゼントの予算はいくらくらいなのでしょうか(*^^*)保育士の先生は、気になるのではないでしょうか?

予算としては、200円以内です。
平均のお値段になりますと、50円ほどです。

やはり手作りの物一般的で、幼児ということもありプレゼントするものは簡単なものになります。たとえばですが、似顔絵・紙の花(カーネーション)・紙粘土の置物などがあります♪

小学生編

母の日

続きましては、小学生の母の日のプレゼントについて☆

小学生にもなると情緒も発達して、大人のように振る舞う姿も多くみられるようになってきたことでしょう。誰かにプレゼントを贈るときも、相手のことを思いやってプレゼントをしたくなるお年頃です。

予算は、おおよそ500円ほど。
平均なお値段としては、200円~400円となっております。

私の身近な例だと、カーネーション・小物入れ(100均で手作り)・クッキー(手作り)などがありました♪♪

中学生編

母の日

中学生はどうなのでしょうか(*^^*)

思春期であり、部活や塾などで忙しいとは思いますが、毎日暖かく見守ってくれるお母さんに感謝の気持ちを伝えてあげてくださいねッ♪

予算としては、1000円以内で。
お値段の平均500円~800円です。

身近な例だと、カーネーション・カレーライス(手作り)・手作りスイーツです。

高校生編

母の日

高校生の方だと、アルバイトして収入のある方も多いかと思われます。

お母さんに贈るプレゼントのお値段には、収入がある人とない人で差が生じるようなのですが、
予算としては1500円ほど。
お値段は、500円~1500円という調査結果でした。

また、収入がない人は→500円~800円収入がある人は→1000円ほどが平均です。

是非、ご参考にプレゼント選びをがんばってください☆

大学生編

母の日

大学生も、高校生と同じくアルバイトをしている人としていない人がいますので、母の日のプレゼントは人それぞれかかるお値段が異なります。また、アパートを借りて一人暮らしをしながら大学に通う人も少なくなく、お金がない!という方も多いようですね。

予算としては、2500円ほどで
お値段の平均は、500円~2000円ほどでした(*^^*)

レポート提出や単位、サークル活動など大学生活は忙しいことでしょう。お母さんも無理してプレゼント欲しいだなんて思っていません!

私の友人は、大学生のころお金がなく、メール「お母さんいつもありがとう。母の日おめでとう」と送ったのですが、お母さんは大変喜ばれたようですよ♪

スポンサーリンク

20代編

母の日

20代の方だと社会人になり働いている人も多いはず☆当然、学生時代に比べ収入が増えたことと思われます(*^^*)

ここまで大人になれたのもお母さんのおかげだと素直に感謝できることでしょう。

20代の母の日のプレゼントの予算3000円ほどです。
お値段の平均2500円でした☆

私も20代の社会人ですが、母の日のプレゼントは口紅と決めており、社会人となってから毎年3000円ほどの口紅をプレゼントしています♪

みなさんも、少し値段をかけて良いものを贈ってさしあげてくださいね!

30代以上編

母の日

だいたい30代に差し掛かると、自分の家庭を持ち、忙しい日々をお過ごしのことと思います(*^^*)独身の方も、お仕事や付き合いなどで多忙な日々なのでしょう。

30代以上の方の母の日のプレゼントにかける予算は、3000円~7000円ほどです。
お値段の平均4800円ほどでした☆

私の身近な人たちは、バックやアクセサリー、外食などお母さんにプレゼントをしてみえました。

最後に

母の日

母の日のプレゼントのメインは物やお金ではありません!

あなたの感謝の気持ち大きなプレゼントとなります☆

普段はなかなかお母さんに「ありがとう」と伝えることができない方も、この機会に「いつも感謝しているよ」と伝えてお母さんを笑顔にしてあげましょう(*^^*)

プレゼントについては、是非予算を参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

このページの先頭へ