2016年ゴールデンウィーク・GW期間はいつからいつまで?何連休?

毎日お勤めの皆さん、ご苦労様です。4月から新年度も始まり、新しい部署で働くことになったり環境がガラッと変わった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ゴールデンウィーク
そういった方も含め、日々の疲れが溜まってきて「何もかも忘れてどこか遠くに行きたい!」と考える方も多いでしょう。

そんな皆様に朗報です。

今年のゴールデンウィーク有休をうまく組み合わせると、最大16日間の連休も取ることができるようです!これだけ長いお休みがあれば、海外旅行実家への帰省もゆっくりと楽しめるのではないでしょうか。今のうちに計画を立てて、ホテルなどの予約も早めに取っておきましょう!

今回は今年のゴールデンウィークについて詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

2016年GWはいつからいつまで?

ゴールデンウィーク

2015年は4月29日から5月6日までの8連休がゴールデンウィークでした。

しかし、今年のゴールデンウィークはちょっと変則的で、

  • 4月29日(金祝)の昭和の日から5月1日(日)3日間
  • 1日空けて5月3日(火祝)の憲法記念日から5日(木祝)の子どもの日までの3日間
  • さらに1日空けて5月6日(土)、7日(日)2日間

が休みです。

合わせると8日間ですが、このままですと最大3連休となり、間の1日は会社によっては出勤をしなければならないかも…。

せっかくのゴールデンウィーク、これだと休んだ気になれないですよね。

有休を使うと何連休可能?

ゴールデンウィーク

先ほどのゴールデンウィークの日程ですと、間に1日挟んでしまい、最大でも3連休になってしまうということをお伝えしましたが、そんな時に是非使っていただきたいのが有休です。

日本人は真面目で有休も周りに遠慮して使わなかったり、会社の雰囲気で取りにくい方もいらっしゃるかと思いますが…(笑)ここぞという時に溜め込んだ有休を使いましょう!

まずは5月2日(月)1日有休を取りましょう。そうすることで4月29日〜5月5日の7連休が可能です!7連休もあると考えると想像が広がりますよね。お家でゆっくりも良し、出かけるも良しです♩

また、プラスでもう1日、5月6日有休を取れるとなんと!4月29日〜5月8日までの10連休も可能です!!お盆やお正月休みよりも長いかもしれません。10日間あれば、国内旅行では止まらず、海外旅行に3泊4日で行っても余裕があります(*^^*)

さらに、ちょっと無茶かもしれませんがプラスで4月25日〜28日まで有休を取ると16連休に?!…これは出来る方がいれば最高ですね(笑)

スポンサーリンク

ゴールデンウィークの語源の由来は?

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク日本だけで使われる言葉ですが、その由来とは日本の映画界から生まれた造語だと言われています。

その名付け親は、映画会社「大映」故・松山英夫氏です。当時、専務取締役だった松山氏が1951年の5月上旬に公開した映画が、お正月、お盆映画くらいにヒットをして、興行成績が良い期間ということで「ゴールデンウィーク」と言われるようになったのがきっかけだそう。だんだんと他の業界にもGWの言葉が広がっていったようです。

ですが、NHKや一部の民放、一部の新聞では、「ゴールデンウィーク」という言葉を使わず「大型連休」という表現で統一しています。その理由をみなさんご存知ですか?

もともと映画業界用語だったことで映画業界の宣伝になってしまうことや、年配の方には分かりづらかったり仕事でその期間中に休めない人から抗議が来るなどの理由で、「大型連休」という表現をしているそうです。そんな配慮があったんですね…!

最後に

ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィーク、長い連休が取れる方もそうでない方もいらっしゃるかと思います。休んでいる方がいる傍らで働いてる方もまた多いでしょう。

今年は有休の使い方によっては、長期の連休になりますので、普段仕事で忙しい方も、今年は思い切ってお休みを取ってください。

お金も大事ですが、何より自分の時間や家族との時間を楽しん頂きたいです。

今年は皆さんにとってかけがえのないゴールデンウィークになるよう願っています!

スポンサーリンク

このページの先頭へ