失敗しない!バーベキューに必要な食材の量の目安を徹底解説!

いざバーベキューをしようと思ってもどのくらいの食材がいるのか迷ってしまいますね。人数によっても違うでしょうし、好みもさまざまです。

一般的にお肉野菜を買っていきますよね。きれいな川でバーベキューをしようと思ったら釣りの用意をしていったほうがいいですよ。とれたてのお魚を焼いて食べることができます。

失敗しない量とはどのぐらいのものなのでしょうか?見ていきましょう。

スポンサーリンク

肉の量の目安!

バーベキュー

バーべキュー肉の量

男性300g
女性200g
子供100g

が適当です。”かける”人数と考えればいいでしょう。

肉食系の男性、女性、子供がいたらもうすこし多めにお肉を買って持っていきましょう。思ったよりもお腹にはいってしまうものですよね。

バーベキューをやる所では前もってバーベキューセットというものを売っているところもあります。肉や野菜など一式そろっているものです。
それを利用すれば簡単にバーベキューができていいですね。何人前と注文すればいいのです。また何人前がはいっているのか前もって調べておく必要がありますね。

野菜の量の目安!

バーベキュー

野菜

ネギやにんじんは1個(本)で5人
ピーマンなら1個で1人
じゃがいもなら1個で2、3人
さつまいもなら1本で10人ぐらい

が適当ではないでしょうか?

他にもアスパラガスもやしなどいろいろなものを持っていくことができます。

子供がバーベキューに参加する場合には野菜ぎらいの子供がいるということも考慮にいれましょう。もっと少なくてもいいのかもしれませんね。

サイドメニューの量の目安!

バーベキュー

焼きそば1袋で2~3人といったところ、おにぎりはひとり1~2個ぐらいでしょうか。

サラダフルーツも持っていくといいですよ。お肉の脂っぽさを消してくれます。お肉や野菜を巻いて食べるとおいしいですね。

強力粉300g、水250~350ミリ、塩ふたつまみ、オリーブオイル大さじ5杯を混ぜてフライパンでクレープを焼く感じで焼いてください。肉や野菜をまいて食べるとおいしいですよ。

デザートマシュマロを持っていって串にさしてこんがり焼いて食べるとおいしいですよ。

マドレーヌやクッキーなどはバーベキューではあまり好まれません。持っていかないほうが賢明です。

スポンサーリンク

飲み物の量の目安!

バーベキュー

ビール酎ハイ2本ずつ買っていけば大人の場合はだいたいOKです。子供はジュースのペットボトル4~5本持っていけばいいでしょう。

特に飲みたいものがある人もいるでしょう。皆に「特に飲みたいものは持参してください」と言っておけばそれでいいんです。

バーベキューの時には飲む人はたくさん飲むし飲まない人は本当にあまり飲みません。人それぞれというところですね。

量を決める上でのポイント!

バーベキュー

まず人数を考えましょう。

4~5人ぐらいだったらそんなに多い量を持っていってもあまってしまうだろうと思います。10人以上いたら足りなくなるよりすこし多めに持っていったほうがいいと思います。

特にお肉。食べる人はたくさん食べます。野菜は少なめでいいでしょう。

飲み物もアルコールをたくさん飲む人はたくさん用意しなければなりませんね。子供が多かったらジュースやウーロン茶などを用意すればいいと思います。

最後のおやつにすこしフルーツやお菓子を持っていきましょう。特にお子さんのいる時はバーベキューだけでは飽きてしまいます。

いろいろな人がいることを考えて量を決めていきましょう。

最後に

バーベキューをする時は食材の量に気をつかいますね。多すぎて余ったらもったいないし食べる量が少なすぎたら気分も下がってしまいますね。適当な量を持っていって食べきったり飲みきったりする量がいちばんいいですね。なかなかむずかしいことではありますが。

青空のもと思いっきりバーベキューをしたいと思いますよね。晴れて雲ひとつない日などはバーベキューしたいなと思います。みんなでわいわい楽しいだろうなと思いませんか?

魚釣りをして焼いて食べたらおいしいでしょうね。釣りたてですものね。

お酒も飲みながらおいしいバーベキューにしてくださいね。もちろん子供はアルコールは厳禁ですけどね。

おいしいお肉とお野菜とフルーツと飲み物があればそれでOK。楽しいバーべキューができるでしょう。
みんなで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

このページの先頭へ